【漫画】山田くんと7人の魔女の最終回ネタバレと無料で読む方法をご紹介

漫画「山田くんと7人の魔女」は古川美希さん作の作品で、2012年から2017年にかけて週刊少年マガジンに連載されていました。

単行本は全28巻、話数は全243話。

ここからは、山田くんと7人の魔女のあらすじや最終回(最終話)ネタバレ、無料で読む方法などを紹介していきます!

ちなみに、無料で読む時はU-NEXTというサービスを活用します。

無料会員登録するだけで600円分のポイントがもらえ、31日間のお試し期間もあるので、実質無料で山田くんと7人の魔女を読むことができますよ♪

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTで山田くんと7人の魔女を読む

 

【漫画】山田くんと7人の魔女の最終回あらすじ

最終回(最終話)のネタバレを見ていく前に、まずはあらすじをチェック!

山田くんと7人の魔女のあらすじが下記の通りです。

主人公は高校で一番問題児といわれている山田

見た目もヤンキーそのものといえます。

ある日、自分とは正反対の優等生・白石うららと階段から一緒に落ちてしまいます。

その時に偶然キスをしてしまったことで、なんとふたりの体が入れ替わっていたのでした。

ふたりはキスで体がいれかわることを知り、それを使いながら学園のトラブルを解決したりする中で、ふたりの絆はどんどん深まっていきます。

以上が山田くんと7人の魔女のあらすじです。

続いて本題でもある、最終回(最終話)のネタバレを見ていきましょう!

【漫画】山田くんと7人の魔女の最終回ネタバレ

ここからは山田くんと7人の魔女の最終回(最終話)ネタバレを見ていきます。

単行本は全28巻、話数は全243話となっている山田くんと7人の魔女。

果たしてどのようなラストを迎えるのか…?

〜最終回(最終話)のネタバレここから〜

なぜか学校の生徒たちの全員の記憶から、白石うららに関することがすべて消えてしまいました。

そして姿を消しているうらら。

うららの事は山田しか覚えていません。

名簿で調べてみると、うららは海外に転校していました。

うららの家までいっても、引っ越してしまっていて誰もいません。

山田はたくまを問い詰めます。 実はうららの記憶をみんなから消したのはたくまだったのですが、それはうららに頼まれてしたこと、と言います。

しかし転校の手続きがあるので、卒業式にうららは現れるはずだと聞きます。

次の日、魔女の能力がきえた五十嵐たち。

たくまの元へいくと、たくまの能力も消えていました。

それはなぜかといえば、魔女の能力を生み出した人、それがうららだったからです。

うららがいなくなってしまった事で全ての人の能力も消えてしまったのでした。

はじまりの魔女として、うららは「卒業で自分の思い出を忘れられてしまっていい、その変わりに望み通りの学校生活がほしい」と契約しました。

しかし山田だけが覚えている、なぜかといえばそれはうららが山田のかわりに自分の記憶を消すことにしたからです。

うららはもう忘れてしまっている為、どうすればいいのか悩む山田たち。

すると大学受験の日、うららから荷物が山田のもとに届きます。

うららの手紙には このようなことが書かれていました。

小さいころから勉強するしかなかった、ひとりで食事をとり両親は忙しかった。

入試1番で高校に入学したが、生徒会長に呼び出され魔女の話をきいた。

興味がないと断ったけど、山田がひとりで「友達が出来ない」と言っているのを聞いた。

その話をしたときに山田に『お前みたいなつまんないやつにはわからない』といわれたことから、魔女の契約をする決意をした。

魔女の契約の願い葉『山田くんと一緒にいたい』 というもの。

山田くんのおかげで私の世界は変わり、学校が楽しくなった、友達の大切さを知った。

その後迎えた卒業式。

うららは山田を無視してしまいます。

手紙と一緒に届いたノート通りの接し方をうららにするのですが、全く相手にされません。

そして思わず「ずっとつまんなさそうな顔しやがって」と言ってしまいます。

そうすると、また手紙の時と同じように「つまらなくなんかない!」と反応するうらら。

その姿をみて山田は笑顔で「おかえり、白石」というのでした。

場面は変わり10年後。

山田はなんと宇宙に関する国家プロジェクトの仕事をしています。

友人と久しぶりに集まり飲み会をしますが、白石との関係を聞かれています。 なんと白石は山田の3倍稼いでいるとのこと。

そしてブラジルに転勤することになったものの「その仕事をやめて俺についてこいと言えない…」と悩んでいます。
が…。

飲み会の場でプロポーズ大作戦のリハーサルをしていたところに、うらら本人がやってきました。

「山田くん、宮村くんと結婚するの・・・?」

「はぁ!?んなわけねーだろ!オマエに言うつもりだったんだよ!・・・あ」

「・・・はい!」

2人はめでたくゴールイン!

後日無事に結婚式を迎え、子供にこれまでの昔話をしているシーンで結末を迎えるのでした。

〜最終回(最終話)のネタバレここまで〜

以上が山田くんと7人の魔女の最終回(最終話)ネタバレです!

まさに感動のハッピーエンド♪

山田とうららがめでたく夫婦になり、まさか子供も授かるとは…。

始まりからは想像も出来ませんでした!

【漫画】山田くんと7人の魔女の最終回を無料で読むなら

山田くんと7人の魔女は単行本が全28巻、話数が全243話となかなかボリュームのある作品になっています。

先ほどは最終回(最終話)のネタバレを紹介してきましたが、文字だけだとやっぱり面白みに欠けますよね(^^;)

そんな時に活用したいサービスがU-NEXTです。

U-NEXTは無料会員登録するだけで600円分のポイントがもらえ、さらに31日間のお試し期間もあります。

お試し期間中に解約すれば、費用は一切かかりません。

実質無料で山田くんと7人の魔女を読むことができるので、ぜひお試しください!

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTで山田くんと7人の魔女を読む

【漫画】山田くんと7人の魔女の最終回を読んだ感想

山田と白石は必ずくっつくのだろうと思っていましたが、まさか記憶をなくすことになるとは思いませんでした。

さらに白石の願いが「山田君と一緒にいたい」だったことも意外でした。

ただ単に「学校」というわけではなく「山田くん」だったということは、やはり白石にとっては山田はずっと最初から大切で重要な存在だったのだと思います。

最初はキスが重要なマンガでしたが、最後の方はキスよりも「魔女」に焦点があたっていました。

ずっと気になっていた謎がとけて本当によかったです。

山田の最後には意外でしたが、白石は予想通りという感じです。

しかしとにかく、一度離れたふたりが笑顔で幸せな結末を迎えることができてとても感動しました。

【漫画】山田くんと7人の魔女の最終回を読んだ人たちの感想

【漫画】山田くんと7人の魔女の関連作品をご紹介

山田くんと七人の魔女は2013年に連続ドラマ化されています。

うらら役を西内まりやさん、山田役を山本裕典さんが演じました。

数々の美女が登場し、その人たちとキスシーンばかりという事が話題にもなりました。

原作とは違い、こちらの主人公はうららという事になっています。

また魔女殺しのコピー能力についてや、記憶の取戻し方についてなど、原作と違う点もありました。

ドラマ版はFOD(フジテレビ・オン・デマンド)にて配信されているので、気になる方はチェックしてみてください♪

↓1ヶ月間無料お試し期間あり↓ FODでドラマ版 山田くんと7人の魔女の動画を見る

そして同じ2015年に連続アニメ化もされています。

「7人」の読み方は「ななにん」となっています。

こちらも見た目等に関しては原作と大きな相違点などはないのですが、エピソード等に関しては少し変更点があります。

アニメ版は単行本と同じくU-NEXTで配信されているので、合わせてチェックしてみてください!

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTでアニメ版 山田くんと7人の魔女の動画を見る

まとめ

山田くんと7人の魔女のあらすじや最終回(最終話)ネタバレ、無料で読む方法などを紹介してきました、

漫画版とアニメ版はU-NEXTで、ドラマ版はFODで配信されています。

それぞれで少しずつ異なった内容になっているので、ぜひチェックしてみてください(^^)