【漫画】うどんの国の金色毛鞠の最終回12巻ネタバレ感想や無料で読む方法

篠丸のどかさん作の漫画「うどんの国の金色毛鞠」は、単行本全12巻・話数全69話となっています。

また2016年には全12話のアニメが放送されました。

ここでは、うどんの国の金色毛鞠の最終回あらすじや最終話ネタバレ、最終12巻を無料で読む方法などをご紹介していきます。

ちなみに…

うどんの国の金色毛鞠の最終回12巻は、U-NEXTというサービスを使えば無料で読むことができます。

無料会員登録で600円分のポイントがもらえ、さらに31日間のお試し期間中は14万本以上の動画を無料視聴できますよ。

※U-NEXTではうどんの国の金色毛鞠の最終12巻が583円で配信されています。

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTでうどんの国の金色毛鞠を無料で読む

 

【漫画】うどんの国の金色毛鞠の最終回12巻のあらすじ

最終回(最終話)のネタバレを見ていく前に、まずは「うどんの国の金色毛鞠」のあらすじをチェック!

「うどんの国の金色毛鞠」最終12巻のあらすじが下記の通り。

〜「うどんの国の金色毛鞠」最終12巻のあらすじここから〜

東京でウェブデザイナーとして働いていた主人公の宗太は、父親の死後帰ってきた実家のうどん屋で、釜の中でねむりこける不思議な子どもと出会います。

そして耳と尻尾が生えたポコの写真が投稿されて話題になってしまいます。

ポコと宗太はどうなってしまうのでしょうか?

なんとその子どもは、地元の伝承で有名な化け狸でした。

化け狸にポコと名前をつけて二人暮らしを始めるのでした。

そんな生活を続けるうちに宗太は、東京の会社を辞めて地元に帰ってくることを決意します。

ポコと生活をしていくうちに、どんどんと人との関りが広がっていくのでした。

しかし、ポコをは化け狸。いつまでも穏やかな生活をしていられないと悟った宗太は化け狸にくわしい僧侶を訪ねることにしました。

調べていくうちに、友人の紗枝からポコの正体を知ってしまったこと。

ポコは人間に化ける力が尽きてしまうと二度と化けることが出来ず、化けていたころの記憶もなくなる話をされます。

しかしその頃、友達のひろしたちと遊んでいたポコが行方不明になります。

そんな中ネットでポコの耳としっぽが出でいる画像が出回ります

ポコと宗太はどうなってしまうのでしょうか?

〜あらすじここまで〜

以上が「うどんの国の金色毛鞠」最終12巻のあらすじです。

続いて本題でもある、最終回(最終話)のネタバレを見ていきます。

 

【漫画】うどんの国の金色毛鞠の最終回12巻のネタバレ

「うどんの国の金色毛鞠」は単行本全12巻をもって最終回を迎えました。

最終回12巻では、果たしてどのような結末が描かれているのか?

さっそく最終回(最終話)のネタバレを見ていきましょう。

〜うどんの国の金色毛鞠の最終回ネタバレここから〜

うどんの国の金色毛鞠最終12巻-64話ネタバレ

力が尽きてしまったらもう二度と人間の姿に化けられず、そればかりか人間に化けていた時の記憶も全部忘れてしまう。

ポコがそうなるかもしれない、という事実を紗枝から聞かされる宗太。

事実を受け入れられない宗太ですが、ひろしから電話が。

なんとポコがいなくなったとのこと。

宗太は完全に冷静さを失い、今すぐ1人でポコを探しに行こうとします。

紗枝は何とか制止しようと宗太の腕を掴みますが、宗太は力づくで行こうとしました。

「そんなこと言ってポコに何かあったらどうするんだ!紗枝ちゃんに俺たちの何がわかるんだ!!」

と声を荒げて。

しかし紗枝も大声で言いました。

1人で誰にも相談できずに頑張ってきたことくらいわかる、今は私もいるから1人で抱え込まないでください、と。

「ポコちゃんのこと、一緒に考えさせてください」

という紗枝の言葉に、宗太はハッとした表情に。

するとそこにひろしが猛ダッシュでやってきました。

ひろしは宗太の顔を見るとすぐに謝罪。

ダーハマと学は今、近くを探しに行っているとのこと。

宗太たちもすぐ捜索に向かうのですがその頃、SNSには一枚の写真がアップされていました。

その写真は、耳としっぽが生えているポコの姿。

既に拡散され始めています。

▶▶うどんの国の金色毛鞠最終12巻を無料で読む方法

うどんの国の金色毛鞠最終12巻-65話ネタバレ

石碑の裏に隠れていたポコを発見した宗太。

しかし宗太よりも先にひろしが石碑にかけつけました。

ただポコは既に力が尽き始めている状態…。

ポコを抱きかかえたひろしは、ポコの姿を見て思わず叫んでしまいます。

その後、ようやく宗太がポコを抱きかかえます。

約束を破ってごめんなさいと謝るポコと、もういいんだとつぶやく宗太。

ひろしは尻もちをつきながら、

「あの時見たのは間違いじゃなかったんだ」

とつぶやき、右手をぐっと握りました。

しかし紗枝は言います。

どんな姿をしていてもポコはポコだと。

この言葉を聞いた宗太は、みんなに話があると切り出しました。

「信じてもらえないかもしれないけど…」

場面は変わり、俵製麺所。

居間に集まったみんなは、信じるしかないよねぇ…と声を揃えて言っています。

ポコは人間の姿に戻ることが難しくなっている様子。

ひろしは膝を抱えて落ち込んでいます。

「ずっ友なんて言っておきながらあんなにびっくりして…友達失格だよな」

そんなひろしにポコは近づき、頭を撫でて笑顔を見せました。

ひとまず落ち着きを取り戻した後、ダーハマは宗太に問いました。

これからどうするのだと。

人間に戻れず化け狸であることを隠し続けて生活するのは無理だと判断しています。

宗太はポコを生活することを優先する考えで、いざとなったら山奥に引っ越そうとしていました。

宗太の考えを聞いたダーハマは取り乱します。

「チビがこのまま成長するのかも分からない。この先自分が年をとった時のこと想像できるのか!?」

ダーハマにそう言われても、宗太の考えは変わりません。

山奥で今の仕事を続けながら畑をやる、そいう生活でもポコと一緒なら後悔はないとのこと。

宗太の揺るがない考えを聞いた一同は、みんなで宗太とポコの応援をすることを決意。

そしてみんなでアツアツのおでんを囲み、作戦会議へと移るのでした。

▶▶うどんの国の金色毛鞠最終12巻を無料で読む方法

うどんの国の金色毛鞠最終12巻-66話ネタバレ

夜遅くにやってきた俊亮。

俊亮はSNSに映るポコの写真を宗太に見せました。

「フェイク画像をみんな面白がって拡散しているだけでしょう。でも僕はフェイク画像だと思えない」

と俊亮は切り出し、あの日のことを思い返します。

宗太とポコが屋島を訪れたあの日。

俊亮は源平合戦の幻を見ました、

ただこの幻はポコは見せたのでは?と考えていました。

「俵さんが化け狸に固執するのは、ポコ君が化け狸だからじゃないですか」

とつぶやく俊亮。

すると廊下に隠れていたポコが出てきました。

ポコは一歩ずつ俊亮に近づきます。

そして俊亮はポコの手を両手で握り、あの日力を使ってくれてありがとうと感謝を伝えました。

ただ宗太に対しては厳しい一言。

「ポコ君のためを思ったら、今の状態を続けるべきではない。ポコ君はお山に帰すべき」

そして俊亮はポコを抱え、その場を去っていくのでした。

当然宗太は俊亮を追いかけ、ポコを返してもらおうとします。

俊亮は必死に宗太を説得するものの、宗太は聞く耳を持ちません。

雨が降りしきる中、宗太はポコを抱えてどこかへ走り去っていきます…。

▶▶うどんの国の金色毛鞠最終12巻を無料で読む方法

うどんの国の金色毛鞠最終12巻-67話ネタバレ

宗太は雨宿りをするため、アーケードの下に向かいました。

ポコは完全に狸の姿に戻っており、寂しそうな鳴き声をあげます。

ポコの頭を撫でながら、俊亮に言われた言葉を思い返す宗太。

するとそこに、通りがかりの中島の姿が。

中島はエレメントに寄った帰りとのこと。

ポコの姿を見て、狸でも拾ったんか?と中島は尋ねます。

「ポコなんだ」

と、宗太は正直に答えました、

ポコは本当は狸で、力を使って人間に化けていたことも告白。

中島も最初は信じられなかったものの、宗太がそう言うなら本当なんだろ、言いました。

その後。

中島の運転する車の助手席に乗り、宗太はこれまでのことをすべて詳細に伝えます。

すると中島は言いました。

「お前と坊さんの言うことはわかる。ただポコがどう思っとるかがわからん」

宗太はハッとします。

そして10年以上前の事故を思い返し、あの時屋島で一匹の狸と出会ったワンシーンが脳裏をよぎりました。

ただ完全には思い出せません。

「昔から屋島に縁がある」

とつぶやく宗太。

そして中島いわく屋島には、狸を祀っている神社があるとのこと。

そこで宗太はポコと共に屋島へ向かうことを決意するのでした。

▶▶うどんの国の金色毛鞠最終12巻を無料で読む方法

うどんの国の金色毛鞠最終12巻-68話ネタバレ

屋島に到着し、山道を歩く宗太。

するとポコが突然、宗太の腕から飛び降り、どこかへ案内しようとしました。

しかし雨が降った翌日なので、山道の上京は最悪。

足を滑らせたポコは山の下へ投げ出され、ポコを追いかけた宗太も足を踏み外してしまいました。

転がり落ちた宗太は頭から血を流し、ポコは宗太の身体をなめています。

「昔もこんなことがあった」

と宗太は回想。

あの時助けた狸がポコだったことを確信するのでした。

さらに、父親が俵製麺所を始めた時、最初に訪れたお客さんもポコでした。

そしてポコのところにビニール傘を置いて行った時の出来事も脳裏をよぎります。

宗太の頭の中には、ポコの記憶が流れ込んでいたのです。

ポコが見てきた宗太の記憶。

宗太はすっと1人で生きてきた気になっていたものの、全部ポコが一緒にいたおかげで暖かな記憶に気づくことができました。

そしてついに、ポコと別れの時がやってきます。

「本当は言いたいこと、もっと一緒にしたかったこと、行きたかった場所、いっぱいあるんだ。ポコ、やっぱりお別れはさみしいな」

ポコは人間の姿に戻り、宗太に抱きつきました。

「そーた、だいしゅき」

この一言がポコの最後の言葉でした。

▶▶うどんの国の金色毛鞠最終12巻を無料で読む方法

うどんの国の金色毛鞠最終12巻-69話(最終話)ネタバレ

ポコが身につけていた雨具と長靴を手に、1人で山を下りる宗太。

山を下ると俊亮たちが宗太を探していました。

ふと意識を失った宗太が目を覚ましたのは、俊亮の家でした。

そこで住職は宗太に言いました。

  • 屋島の神様は”太三郎狸”という化け狸
  • もともとはただの化け狸だった
  • 善行を積んで地主神として祀られるようになった
  • 地主神は人間と一緒に暮らすことは許されていない
  • もし人間と一緒に暮せば、ただの狸に戻ってしまう

ということを。

そして宗太の選択は最善だったとも。

体調が回復してきた宗太は、俊亮と浜辺に行きました。

この浜辺は宗太とポコの思い出の場所。

ポコのことを考えていると、紗枝が宗太の名前を呼び抱きついてきました。

ひろしやダーハマの姿もあります。

みんなに出迎えられた宗太は、再び以前のような日常を過ごします。

ポコがいなくても日々は続いていき、眠ればまた明日が来る。

まだ慣れないことも多いけど、どうか君の過ごす日々が穏やかでありますように。

…という内容の手紙を書いていると、中島が家にやって来ました。

宗太はこれまで出会い、お世話になった1人1人に手紙を出していたのです。

そして俵製麺所では自らうどんを振る舞います。

「うまい」

「お店やれる」

と称賛されるつ、宗太は謙遜気味。

紗枝は中でもどか食いしており、あっという間に5玉目に突入。

ただ姉・凛子は厳しめの評価。

とはいえこうして大勢の人で賑わっている様子を見て、家を売らなくてよかったと実感しています。

こんな風景が見られるのはポコのおかげだと。

「あの愛おしい日々も、これからも未来も、キラキラまぶしい金色に輝いたままずっと、ずっと…」

という宗太の言葉で、物語は締めくくられました。

▶▶うどんの国の金色毛鞠最終12巻を無料で読む方法

〜うどんの国の金色毛鞠の最終回ネタバレここまで〜

以上が「うどんの国の金色毛鞠」の最終回(最終話)ネタバレです。

 

【漫画】うどんの国の金色毛鞠の最終回12巻を読んだ感想

ポコの存在は、守り神のようだったなと感じました。

ほのぼのしたポコとの話が多かったので、ラストに向かうにつれて宗太のポコと別れたくない気持ちが切なくて、ポコとのお別れのシーンは涙なしでは読めませんでした。

宗太のポコとの出会いによりたくさんの仲間と出会うことが出来て、たくさんの暖かい思い出が作れて終始癒しの漫画だったなと思います。

これを読んだあとはお話の舞台である香川県や瀬戸内海に行きたくなると思います。

また無性にうどんが食べたくなる漫画でもありました。

化け狸だからこそ、個人的には最後までそばにいて欲しかったのですが、ポコのためにお別れになった展開は予想していかったので驚きました。

ほっこりするオススメ漫画です。

 

【漫画】うどんの国の金色毛鞠の最終回12巻を無料で読む方法

「うどんの国の金色毛鞠」の単行本は全12巻となっています。

先ほどは「うどんの国の金色毛鞠」の最終回(最終話)のネタバレをご紹介してきました。

とはいえ、最終回(最終話)を読むなら、イラスト付きの漫画の方が何倍も楽しめます。

そこで活用したいサービスが「U-NEXT(ユーネクスト)」です。

U-NEXTは無料会員するだけで600円分のポイントをもらえます。

さらに、31日間の無料お試し期間もあります。

お試し期間中に解約すれば、費用は一切かかりません。

なので、「うどんの国の金色毛鞠」の最終回12巻を読んでみたいという方は、この機会にU-NEXTを活用してください。

※U-NEXTではうどんの国の金色毛鞠の最終12巻が583円で配信されています。

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTでうどんの国の金色毛鞠を無料で読む

 

U-NEXTならアニメ「うどんの国の金色毛鞠」も全話無料視聴できる

U-NEXTではアニメ「うどんの国の金色毛鞠」が全話見放題で配信されています。

なので31日間のお試し期間中でも、「うどんの国の金色毛鞠」の動画を全話無料で視聴できますよ。

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTでうどんの国の金色毛鞠の動画を見る

 

【漫画】うどんの国の金色毛鞠の単行本は全巻(12巻)無料で読める?

結論から述べると「うどんの国の金色毛鞠」の単行本全12巻は、全巻無料で読むことができません。

冒頭部分の試し読みが出来たり、電子書籍サービスの特典を使って一部の巻をお得に読むことはできるものの、全12巻を無料で読むことはできません。

ですが、全巻半額で読むことができます。

DMM電子書籍でうどんの国の金色毛鞠を全巻半額で読む

DMM電子書籍は初回購入に限り、最大100冊まで50%OFFになるクーポンが配布されます。

有効期限があるものの50%OFFクーポンを活用すれば、うどんの国の金色毛鞠の単行本全12巻を半額で読むことができます。

通常価格で購入する場合、50%OFFで購入する場合の価格を比較してみると…

通常価格 50%OFF
583円×12巻=6996円 3498円

このように、その差は一目瞭然。

この機会に「うどんの国の金色毛鞠」を全巻読んでみたいと思った方はぜひ、DMM電子書籍をご活用ください。

 

【漫画】うどんの国の金色毛鞠の最終回12巻のネタバレと感想まとめ

篠丸のどかさん作の漫画「うどんの国の金色毛鞠」は、単行本全12巻・話数全69話となっています。

また2016年には全12話のアニメが放送されました。

U-NEXTを活用すれば漫画とアニメを無料で楽しめるので、ぜひお試しください。

※U-NEXTではうどんの国の金色毛鞠の最終12巻が583円で配信されています。

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTでうどんの国の金色毛鞠を無料で読む

20年夏アニメの原作漫画を無料で読む方法

炎炎ノ消防隊
 
ダンまち
 
魔王学院の不適合者
 
魔法科高校の劣等生 来訪者編
 

20年春アニメの原作漫画を無料で読む方法

アルテ
 
イエスタデイをうたって
 
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった
 
オリンピア・キュクロス
 
かくしごと
 
かぐや様は告らせたい
 
ギャルと恐竜
 
グレイプニル
 
邪神ちゃんドロップキック
 
食戟のソーマ
 
球詠
 
つぐもも
 
波よ聞いてくれ
 
八男って、それはないでしょう!
 
フルーツバスケット
 
放課後ていぼう日誌
 
無限の住人
 
メジャーセカンド
 
本好きの下剋上
 
俺ガイル
 

話題の人気漫画を無料で読む方法

宇宙兄弟
 
ガイシューイッショク
 
鬼滅の刃
 
虚構推理
 
キングダム
 
五等分の花嫁
 
ゴールデンカムイ
 
終末のハーレム
 
終末のワルキューレ
 
SHIROBAKO
 
スラムダンク
 
その着せ替え人形は恋をする
 
出会って5秒でバトル
 
デスノート
 
転生したらスライムだった件
 
東京卍リベンジャーズ
 
ドメスティックな彼女
 
七つの大罪
 
ハリガネサービス
 
ハリガネサービスACE
 
HUNTER×HUNTER
 
バガボンド
 
僕のヒーローアカデミア
 
MAJOR(メジャー)
 
約束のネバーランド
 
ランウェイで笑って
 
Re:ゼロから始める異世界生活
 
ヲタクに恋は難しい
 

続きを読みたい漫画を50音で検索

最終回が気になる漫画を50音で検索