【漫画】砂時計の最終回ネタバレと感想や無料で読む方法

芦原妃名子さん作の漫画「砂時計」は、単行本が全10巻・文庫全5巻となっています。

また、2007年にはドラマ化、2008年には小説や映画化もされています。

ここでは、砂時計のあらすじや最終回(最終話)のネタバレ、無料で読む方法などをご紹介していきます!

ちなみに…

無料で読む時はU-NEXTというサービスがおすすめ♪

無料会員登録で600円分のポイントがもらえるので、今すぐ砂時計の最終回(最終話)を無料で読めますよ。

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTで砂時計を無料で読む

【漫画】砂時計の最終回あらすじ

最終回(最終話)のネタバレを見ていく前に、まずは砂時計のあらすじをチェック!

砂時計のあらすじが次の通りです。

〜砂時計のあらすじここから〜

主人公は植草杏。物語の始まり時は12歳の冬です。

両親が離婚をしたことで、母と一緒に島根に引っ越してきます。

田舎の空気が合わない、と思った杏ですが近くに住む北村大悟と知り合うことで、杏もどんどん変わってきます。

最初は小学生だったふたりが、青春時代を過ごしそれから大人になるまでを描いたひとりの女性の人生の壮大な物語なのです。

〜砂時計のあらすじここまで〜

以上が砂時計のあらすじです。

続いて本題でもある、最終回(最終話)のネタバレを見ていきます!

【漫画】砂時計の最終回ネタバレ

単行本全10巻・文庫全5巻の砂時計。

果たして最終回(最終話)はどのように描かれているのか?

さっそくネタバレを見ていきましょう。

〜砂時計の最終回ネタバレここから〜

引越後、母親は過労もあり倒れてしまいます。

杏は自分が「頑張れ」と言ったからだ、と落ち込み自分が少しでも助けになろうと仕事を探します。

しかし小学生でできる仕事は限られています。

大悟と一緒に村の地主である「月島」家でお手伝いをする事になりました。

そこで月島藤と椎香に出会います。

年齢が近く、仲良くなる4人。

いつも一緒に過ごすようになります。

杏もいやだった田舎を好きになっていきます。

杏が馴染んでいく一方、杏の母が疲れたと自殺してしまいます。

悲しみのあまり、母との思いでの砂時計を遺影になげつける杏。

そんな杏に大悟は同じ砂時計をプレゼントし、ずっと一緒にいると約束します。

最初は幼い約束でしたが、時がたち二人の間に好意がめばえます。

そして二人は付き合う様になるのでした。

しかしやっと両想いになったものの、杏の父親が杏を向えにきて高校生の間を東京で過ごすことになります。

最初は遠距離恋愛もうまくいっていたのですが、遠距離恋愛という問題や杏に恋する

藤、大悟に恋する椎香の存在、そして杏の母への想いなどからふたりは別れることになってしまいます。

すれちがいがうんだ別れといえるかもしれません。

最終回までに、杏は佐倉という男性と結婚する事になっています。

しかし、杏は佐倉とは結婚しないという選択をしました。

佐倉が他の女性に対して冷たい態度をみてしまったこともあり、一生を一緒にすごすことはできないと思ったのです。

別れを告げた杏は、想い出の砂時計を購入した場所へでかけます。

そして自分自身も母と同じように命を絶つとうとするのです。

その前に大悟の働く小学校を実はこっそり訪ねていたのですが、そこで生徒から「もうすぐ結婚する」という話をききます。

もう思い残すことはない、という想いから死を選ぶことにしたのでした。

しかし意識が遠のくなか、今間で関わってくれた人たちへの想いが頭の中をめぐります。

死のうとして初めて、生きたい、という想いに気付くことができたのです。

そこへなんと大悟が助けにきてくれます。

大悟の結婚は生徒の勘違いでした。

大悟は「杏が母親の事を決着がつけられたら、やり直そう」と言います。

ずっとすれ違っていたふたりでしたが、ようやく再会することができ、結ばれることが出来ました。

涙と笑顔でだきあうふたり。

ラストシーン、大悟と杏は結婚していてこどもにも恵まれています。

やっと幸せな生活を手に入れることができたのです。

〜砂時計の最終回ネタバレここまで〜

以上が砂時計の最終回(最終話)ネタバレです!

【漫画】砂時計の最終回を無料で読むなら

砂時計は単行本が全10巻、文庫が全5巻となっています。

先ほどは最終回(最終話)のネタバレを見てきましたが、文章だとどうしても面白さが十分に伝わりません。

やっぱり、イラスト付きの漫画で読むのが一番です。

そんな時に活用したいサービスがU-NEXT。

U-NEXTは無料会員登録で600円分のポイントがもらえます。

このポイントを活用すれば、砂時計の最終回(最終話)を無料で読むことができますよ♪

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTで砂時計を無料で読む

【漫画】砂時計の最終回を読んだ感想

かなり長いストーリーですが、杏という女性をしっかりと軸にしているため、感情移入しやすい作品でした。

物語の中では藤くんや椎香の存在も大きく、ふたりの切ない気持ちもかなり身につまされるのですが、それよりもやはりどうしても杏には大悟と幸せになってほしい、と思っていました。

そのためやっとふたりが結ばれる最終回はとても感動深いものでした。

幼い頃から描かれているため、まるで近所のこどもを見守るような気持ちで成長を楽しめます。

物語の中で辛い事件や悲しい出来事もたくさんあったのですが、遠回りしながらもふたりが結ばれるためには全て必要なことだったのでは、と思わされました。

ふたりのこどもの姿をみることができたのも嬉しかったです。

【漫画】砂時計の最終回を読んだ人たちの感想

【漫画】砂時計の関連作品をご紹介

「砂時計」は2008年に連続テレビドラマ化されています。

いわゆる「昼ドラ」として人気を得てたくさんの話題となりました。

原作とは少し設定が変わっている部分もありましたが、昼ドラならではの長い期間の放送だったので、しっかりと原作をいかしたドラマになっています。

動画配信はされていないものの、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)というサービスを使えば、自宅にいながら簡単にDVDレンタルができますよ♪

↓30日間無料お試し期間あり↓ TSUTAYA DISCASで砂時計を無料レンタル

また、2008年に映画化もされています。

こちらは夏帆さんと松下奈緒さんのダブル主演、という事も話題となりました。

こちらは映画という短い時間なのでエピソードは大幅に削られているのですが、砂時計ファンならおさえていてほしいポイントはおさえた作

品となっています。

映画版はAmazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)にて配信されています。

↓30日間無料お試し期間あり↓ Amazonプレミアムで砂時計の動画を見る


原作とドラマ、映画の違いを見つけて楽しむのも「砂時計」ファンならではの楽しみ方としておすすめです。それぞれのラストの違いも楽しんで見てほしいです。

まとめ

単行本全10巻・文庫全5巻の「砂時計」

巻数以上に読み応えのある作品です。

また、ドラマや映画など実写版でも楽しめる作品。

まずはU-NEXTなどを活用して、漫画版「砂時計」を一度読んでみてください♪

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTで砂時計を無料で読む