漫画「社内探偵」最終回までの全巻ネタバレと無料で読む方法

まんが王国で先行配信されている漫画「社内探偵」の全巻ネタバレをまとめました。

現時点で社内探偵は17巻まで最新刊が発売されています。

読み始めるとどんどん続きが気になる社内探偵。

まだ読んだことがない方は、ぜひこの機会にチェックしてみてくいださい!

ちなみに「社内探偵」の漫画は、まんが王国にて先行配信中。

毎日最大50%ポイント還元を行っているので、社内探偵の漫画を半額で読めますよ。

↓毎日最大50%ポイント還元↓ まんが王国で社内探偵を半額で読む

 

漫画丨社内探偵の全巻ネタバレまとめ(最新刊17巻まで更新中)

「社内探偵」の漫画は現在、最新刊は17巻まで発売中。

そこでこの項目では、「社内探偵」最新刊17巻までのネタバレを全巻まとめてご紹介いたします。

下記の青文字になっている巻数をタッチすると、その巻の詳しいネタバレを見ることができます。

1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 6巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻

漫画丨社内探偵1巻ネタバレ

〜社内探偵1巻ネタバレここから〜

女子トイレにて、社員の愚痴を言い合っている2人。

林の態度がムカつく、飯田はまた当日欠勤だ…などなど。

そんな中、自分のデスクで「見つけた」と呟く女性社員がいました。

彼女の名前は物語の主人公・久我ありさ。

ありさは半澤事務の不倫相手を見つけ、これで裁けると意気揚々。

その頃。

他の女性社員・松原は、欠勤していた飯田のイースタグラムを見ています。

飯田は料理を作っている時に人差し指を切ってしまい、絆創膏を貼った様子をとうこうしていました。

あまりにバカバカしい欠勤理由にイラつく松原。

「休み中にフォロー申請してきて、私の投稿見てくださいって…」

と心の中で呟きます。

すると男性社員が飯田の居場所を尋ねてきました。

どうやら今日中に返事を出さなければいけない案件があり、飯田に対応を任せていた様子。

そこで松原が代わりに連絡することに。

しかし男性社員は「後輩社員の教育もしっかり頼む」と言い残し、松原の前を去っていきました。

何で私が…という表情で松原はデスクに戻ります。

そして飯田が担当していた「クローバーの案件」のメールを確認していると、若林課長がやってきました。

ただ松原は、若林課長が話し終わる前に「今やります」と言ってしまい、これには若林課長が激怒。

「イラついても仕方ないだろ。イーちゃん(飯田)怪我しちゃったんだし、後輩のフォローくらいしろ」

松原はまったく意に介する様子がなく、心の中で淡々と若林課長に対する愚痴を述べ続けます。

  • 人差し指を怪我したらキーボード打てませんよね
  • 平日にしか動物病院にいけない理由が飯田にはあるんでしょうね
  • その前は水道・ガス・火災探知点検が続いてましたよね

…などなど。

そんなことなど知らず、話を続ける若林課長。

自分は飯田から”お兄ちゃん”みたいと言われると自慢した後、飯田からメールが届くはずだから確認してくれ、とのこと。

この時点で定時まであと10分。

にも関わらず飯田からのメールには、

  • リニューアルの実施テスト(全16端末分)
  • ポップの文字校正(30デザイン)
  • メール返信・起案など

といった内容が合計9つも記載されていました。

これにはさすがの松原も限界。

会社の人事部に行き、飯田の件を相談することにしました。

人事部で出迎えてくれたのはありさ。

ありさは”何でも相談担当”と自己紹介した後、松原の要件が飯田に関することだとすぐに察知。

松原と飯田が企画一部の方ですよねと確認すると、まるで探偵の推理のように自身の推測をつらつらと述べました。

ただ…

残念ながら、飯田の当日欠勤は対処できないとのこと。

飯田はあぁ見えてかなり細かく、有給の残日管理を徹底しており、これまで一度も付与日数を超えたことがありませんでした。

確かに当日欠勤は困るものの、有給取得は社員の権利。

そのため今の時点では、飯田の当日欠勤を罰することができないのです。

少し落ち込んだ様子で部屋を後にする松原。

しかしありさは、飯田のことを深く頭に刻み込みました。

そしてその後。

ありさは三屋部長や町上から、飯田に関する情報を聞き込み。

飯田は明法大学商経学科卒業で新卒入社3年目。

2年前から現在の企画部に配属され、基本給は38万円。

同期より10万円も高い基本給です。

三屋部長いわく飯田は、企画部の何か大きいプロジェクトを成功させ昇進したそう。

後日。

この日は飯田がいつも通り出社。

しかし悪びれる様子は一切なく、男性社員に上手に媚びを売り、好感度アップに励んでいます。

さらにまたしても松原は、後輩に優しくしろを咎められるのでした。

その頃。

ありさは飯田のことを引き続き調べていました。

松原のような優秀な社員がベストパフォーマンスを発揮できないのは社の損失、と考えていたから。

また、同僚の町上のところにも企画二部の林から相談がきたとのこと。

「これは2ついっぺんに対処できるかも」

とありさは思うのでした。

〜社内探偵1巻ネタバレここまで〜

▶▶全巻ネタバレ目次に戻る

↓毎日最大50%ポイント還元↓ まんが王国で社内探偵を半額で読む

漫画丨社内探偵2巻ネタバレ

〜社内探偵2巻ネタバレここから〜

ありさは町上から相談内容を聞いています。

町上は企画二部の川口・赤羽から、同じく企画二部の林についての相談を受けました。

林は中途入社しており、優秀な評価で歯に衣着せず、はっきりモノを言うタイプの人。

その変わり人に対するアタリが強く、パワハラまがいのことをしたとのこと。

しかし川口と赤羽が上司に相談しても、それくらいではパワハラ認定されない、と跳ね除けられたのです。

ありさはより詳細な話を聞くために、当事者たちに直接会おうと考えました。

翌朝。

ありさはまず松原と接触。

飯田のイースタ投稿を話題に出し、キラキラ女子ですねと言いました。

「クッキー作れるくらいに回復してよかったです」

と無難な対応をする松原。

するとありさの背後から町上が登場。

自分も企画部に顔を出すため、わざわざ早起きして来たそうです。

そして町上も松原に自己紹介し、3人で企画部へ向かうことに。

ちなみにありさは、松原もおそらくクッキーをもらえると推測。

「飯田は休んだ後に手作りお菓子をイースタに投稿して、社員に配る」

と情報を入手していました。

いざ企画部に行くと、推測通り飯田は社員にクッキーを配っていました。

さらに町上にも。

「牛の糞にそっくり!うちの実家で牛を飼ってるから懐かしくて…」

とナチュラルに飯田をバカにするようなセリフを発する町上なのでした。

そんなこんなしていると、林の怒鳴り声が聞こえてきます。

「どうして顧客推移データを一緒に出さないんですか」

評判通り林はパワハラまがいのような態度。

林のことも確認できたありさ達は、企画部を後にします。

すると松原が追いかけてでてきました。

そしてありさは松原に説明。

「町上は顔がいいけど空気が読めないから、飯田のクッキーを牛の糞と言うと思った」

と。

一連の流れはすべて、ありさの計算通りに進んでいたのです。

その後。

社員食堂では飯田のイースタの話題で盛り上がっている女性社員がいました。

「指を怪我したから簡単な朝食って言ってるけど、シナモンロールってめっちゃ凝ってるじゃん」

と言う女性社員。

また、町上が「牛の糞みたい」と言ったこともネタになっています。

ただ、林のことは対応してくれないのかな?と不満を吐露。

女性社員いわく、人事部の三屋部長は、人事異動に関する時だけチェック柄のノートを取り出すとのこと。

通称:三屋チェック。

三屋部長がそのノートを持って打ち合わせにう向かったら、その人かその人の部下が異動になるシステムなのだそう。

そんな話を盗み聞きしているありさ。

ありさはお団子ヘアではなく髪をすべて下ろし、別人のような姿で盗み聞きしていました。

さらにここで重要な情報をゲット!

なんと飯田は若林課長の”お気に入り”で、2人がホテル街を歩いている様子を見た、と言う女性社員が。

爆弾情報に目をキラキラさせるありさ。

その後。

人事部に戻ったありさは林と飯田の調査を並行して進めることに。

ありさは三屋部長に、こう説明。

  • 若林課長はお気に入りの女性を部下に置く
  • 企画部から立て続けに二件の相談があった
    1. 飯田の勤務態度
    2. 林のパワハラ
  • 同時対処には一部の毛利と二部の林をトレードするのが好ましい

と。

この提案はすぐに受け入れられ、飯田の隣のデスクには林がやってきました。

飯田は林を取り入れるべく、”リンリン”というあだ名を付けてコミュニケーションを図ります。

しかし…

林は激怒。

「しょうもないあだ名で呼ぶな」

と。

これには飯田も意気消沈。

このやり取りをこっそり覗いていたありさは、とりあえず予定通りとつぶやきます。

飯田は残念そうな表情ですが、まだ何か企んでいる様子…?

〜社内探偵2巻ネタバレここまで〜

▶▶全巻ネタバレ目次に戻る

↓毎日最大50%ポイント還元↓ まんが王国で社内探偵を半額で読む

漫画丨社内探偵3巻ネタバレ

〜社内探偵3巻ネタバレここから〜

飯田と林が同じ部署になってから、飯田は今までのような作戦が通用せず困惑しています。

必要な書類が揃っていないこと、何度も会社を休むことを怒鳴られ…

松原にも迷惑かけてなぜ平気なんだ?とまで言われます。

松原は大した事をしていないと飯田をフォローするものの、林の怒りは収まりません。

終いには「バカな子」と言ってしまい、これには飯田も涙を流し部屋から出ていきました。

この日、飯田は早退。

言い過ぎたと反省している林は、飯田の仕事を引き受けることに。

「僕は彼女にもっと仕事に意識を持って欲しい」

という気持ちで叱咤したものの、言い方や加減には気をつけないと…ということを学んだ様子。

松原はこの一連の流れをありさに報告。

報告を聞いたありさは、今のところ”いい人事異動”だと笑みを浮かべるのでした。

しかし…

ありさは重要な事実を見落としていたことに気付きます。

それが給料の差。

松原は飯田よりも給料が少ない。

功績や会社の評価システムから、同僚の給料はある程度計算できるはず。

にも関わらず松原は、飯田の給料が自分より低いと思い込んでいた。

社内ランクでいえば松原よりも飯田の方が上なのに。

「何かおかしい…」

と思ったありさは、さらなる調査を進めることに。

お昼休み。

ありさは社内探偵の山下とランチへ。

ここでありさは山下に探りを入れます。

「同じ部署の人なら給料はだいたい想像つきませんか?」

と切り出すと山下は、企画部はここ数年目立った成果がないから、みんなほぼ昇格してないだろうと憶測している、と言いました。

ありさは矛盾点に気付きました。

三屋部長は飯田が大きなプロジェクトを成功させた、と言っていた。

しかし今、山下は「企画部はここ数年目立った成果を出していない」と言った。

この矛盾からありさは、飯田を昇格させるために誰かが成果をでっちあげたのでは?と仮説を立てました。

その頃。

企画部では松原が若林課長から指示を受けています。

飯田が早退したから代わりに仕事を進めろ、と。

すると林が出てきて、自分がやると言いました。

「どっちでもいいから、さっさとやっとけ」

と適当な言い方をする若林課長。

飯田がいないとここまで不機嫌になるのか…と松原は心の中で呟きました。

そして同じタイミングでありさも、黒幕は若林課長なのでは?と考えました。

飯田の仕事を一緒に進める松原と林。

2人は次第に打ち解けていき明日、一緒にランチをすることに。

松原が林を誘い、林が飯田を誘う形で。

翌日。

この日、飯田は元気に出社してきました。

さっそく林は飯田をランチに誘うものの、飯田は断固として拒否。

それでも林は負けません。

「君が僕と行きたくなくても、僕は君と行きたいんだ!」

まるで好意があるかのような言い方。

林は真剣な眼差しで飯田の目を見つめます。

これには飯田も折れ、仕方なくランチに付き合うことにしました。

そしてお昼休み。

松原・林・飯田は定食屋へ。

飯田は普段オシャレなお店ばかり行くようで、このような庶民的な定食屋は初めてなのだそう。

話をしていると、生姜焼きと焼き魚が運ばれてきました。

しかし…

飯田は脂身が嫌いで松原にあげようとします。

すると林が天然ぶりを発揮。

「少しは脂身も食べた方がいい。飯田さん乾燥肌でしょ?豚の脂身は肌にいいから、大切な栄養素」

と言いました。

この一言に飯田はひどくショックを受け落ち込んでしまいました。

結果、飯田は午後からの仕事をおサボり。

さらに企画一部宛てにこのようなメールを送っていました。

「林さんと働いていると胸が苦しくなるので、しばらくお休みさせてください。林さんはパワハラだと思います」

翌朝、ありさは松原と林を呼び出し、メールの内容を確認。

あの程度でパワハラなんて…と驚く林。

すると怒鳴り声をあげながら若林課長がやってきました。

しかも若林課長の背後には、チェック柄のノートを持った三屋部長もいるのでした。

〜社内探偵3巻ネタバレここまで〜

▶▶全巻ネタバレ目次に戻る

↓毎日最大50%ポイント還元↓ まんが王国で社内探偵を半額で読む

漫画丨社内探偵4巻ネタバレ

〜社内探偵4巻ネタバレここから〜

三屋チェックが入るということはおそらく、林か飯田のどちらかが異動。

そんな事を思いながらありさは、三屋チェックに同席。

ありさ・若林課長・三屋部長が同じテーブル、そして向かいのテーブルに松原・林が座ります。

まずは三屋部長が林に、メール内容の事実確認を行います。

「パワハラなんてしていない」

と当然ながら否定する林。

三屋部長は続いて松原に確認を行います。

「林さんは言い方がキツイけど、パワハラまでは行かないと思う」

と松原は言いました。

すると今度は若林課長が口を挟んできました。

林はいつも言い過ぎだと。

ただ林からすれば、飯田の勤務態度にも問題があるのは事実。

2人は次第にヒートアップし、激しめの口論に展開。

ありさが仲介に入りなんとかおさまったものの、若林課長はなっとくいかない表情でため息を付きました。

三屋チェック終了後。

林は、もし異動になるなら会社を辞めると言います。

「元々は企画一部に入る予定だった。二部になった時に不信感を持った」

とのこと。

ありさは自分への責任を感じました。

今回の異動を提案したのは自分自身、何か対処法を考えなければなりません。

人事部に戻ったありさに対し、町上がフォローを入れてくれました。

さらに三屋部長も、異動は一旦保留にすると言いました。

「飯田さんの異動を提案したけど、若林課長がどうしても手放したくないらしい。とはいえ飯田に問題があるのは明白だから、ちゃんと話をしろと言った」

とありさに告げます。

さらに三屋部長は、ありさの功績をしっかり評価しているのでした。

翌日。

飯田は若林課長の進言があったこともあり、いつも通り出社しました。

林とのわだかまりは残っているものの、松原が間に入り少しずつ解消していくことに。

この日はチャラットとの打ち合わせ。

納期短縮を伝える必要があり、その役割は飯田が買ってでました。

「相手は男でしょ?なら若くて可愛い私の方が適任」

松原は気のせいか、飯田の心の声が読み取れました。

いざ迎えたチャラットとの打ち合わせ。

飯田は得意のブリっ子で納期短縮を伝えます。

しかし…

会話が成立せず、チャラットの男性社員2人は「話にならない」とご立腹。

そして男性社員は松原に話をふります。

松原は必死にフォローし、丁寧に説明。

このおかげでなんとか、チャラットとの打ち合わせを終えることができました。

ただ、飯田は作戦が通用しなかったことに落ち込んでいる様子…。

夜。

ありさは松原、山下とディナーへ。

三屋チェックのことで話が盛り上がった後、話題は飯田のイースタに。

落ち込んでいる投稿内容ですが、ひとまずは元気そう。

するとありさは何かに気付きます。

もう一度飯田の投稿を”縦読み”してみると…

「あいたくてふるえる」

と書かれていたのです。

さらに他の投稿を見てみると、

  • 飯田橋2時
  • 代々木東口20時
  • 大崎20時

という縦読み。

そして今日の投稿は「新大久保20時」

3人はバレないように変装し、新大久保駅へ向かいました。

先に待っていたのは若林課長。

遅れて飯田がやってきて、2人は手を取り合い歩きだしました。

しかし…

耐えきれなくなった松原が2人の前に飛び出し、こう言いました。

「私もこの事を告発するから」

若林課長は必死に弁明します。

対照的に飯田は冷静で、攻撃的な態度で松原に接します。

そして松原に対して言いました。

「本当のことを教えてあげましょうか」

〜社内探偵4巻ネタバレここまで〜

▶▶全巻ネタバレ目次に戻る

↓毎日最大50%ポイント還元↓ まんが王国で社内探偵を半額で読む

漫画丨社内探偵5巻ネタバレ

〜社内探偵5巻ネタバレここから〜

飯田と松原はちょっとした口論に発展。

ウザいという飯田に対し松原は、

「私は頑張ってあなたを教育しようとした。何とかしようと思った。それなのに不倫って恥ずかしくないの?」

と言います。

当然ながら飯田は聞く耳を持たず、自分が若林課長と付き合ってたところで迷惑はかけていない、と反論。

するとありさが言いました。

「迷惑はかかっている。あなたの代わりに松原さんが尻拭いをしている」

と。

しかし飯田はありさにさえ反論。

「あなたは役職ランク4、松原さんは役職ランク5、私は6ですよ?」

この言葉に若林課長はため息を付くものの、飯田は偉そうな態度を変えません。

ありさが若林課長に説明を求めても無言のまま。

何も言わない若林課長に対し松原は、お小遣いでもあげてるんですか?と一言。

自分のバカバカしさを痛感すると、飯田が怒鳴り声をあげました。

「私は有給の範囲でしか休んでいない。そもそもこれってストーカーじゃない!?」

感情のまま怒鳴り続ける飯田とは対照的に、ありさは冷静沈着。

淡々と飯田を諭し、若林課長にも詰め寄ります。

「就業規則第63条のうち6つほどの項目に当てはまる可能性がある。懲戒事由があるので何かしらの処分が下るはず」

それでもなお無言を貫く若林課長。

飯田は若林課長の腕を取り、強引にその場から去っていきました。

ありさたちが思っている以上に若林課長に想いを寄せている飯田。

この一件は人事部で扱うとし、松原には内密にするようお願いしました。

翌朝。

ありさは昨日の飯田の言葉を振り返ります。

  • 若林課長は重圧に耐えている
  • この人は優しい

まるで飯田が若林課長を守っているかのような言葉。

そして若林課長は公私を混同し、成果の捏造や飯田の依怙贔屓(えこひいき)

「他にも何か問題があるのでは…?」

と考えていると、町上が声をかけてきました。

なんと若林課長と飯田の不倫疑惑が、早くも社内で噂になっていたのです。

ありさは席を外し、馬場という男性社員のもとへ。

馬場は外のベンチでタバコ休憩中。

ありさは馬場から、不倫疑惑の噂の出どころを確認しました。

噂の出どころは山下。

ありさはトイレにいた山下のところへ行き、釘を差します。

「あなたに提供できる情報はない。人気者になった気分になって…みっともないですよ」

と。

その頃。

松原はパソコンの画面で”人事異動のお知らせ”を見ています。

  • 若林課長→企画一部から総務課へ(役職なし)
  • 飯田→企画一部から営業三課へ

そして就業後。

松原は異動する飯田を見送ります。

引き継ぎ作業も思った以上に丁寧に行ったものの、飯田はすべて若林課長のために行動していました。

するとそこへありさがやってきました。

飯田に渡す異動の書類があるとのこと。

また、飯田に対し苦言を呈します。

「若林課長は既婚者。本当に大切な存在なら不倫関係なんて続けないはず」

と。

しかし飯田はまたしても激怒。

「彼にしてあげたいことがあるだけ。男たちに”いい顔”をしていたのも、うまく使うため」

さらに飯田は、山下が不倫疑惑を拡散したことを知っていました。

そしてありさに対し、人事なのに何でいつまでも気付かないの?と尋ねます。

「ランクを上げるのは若林課長だけの力じゃ無理」

つまり若林課長のほかに、飯田の成果と評価を捏造した”黒幕”がいるということ。

真相を知っているでろう飯田ですが、それ以上なにも口にせず営業三課へと異動するのでした。

〜社内探偵5巻ネタバレここまで〜

▶▶全巻ネタバレ目次に戻る

↓毎日最大50%ポイント還元↓ まんが王国で社内探偵を半額で読む

漫画丨社内探偵6巻ネタバレ

〜社内探偵6巻ネタバレここから〜

この日、ありさのもとには男性社員の小菅が相談に来ています。

小菅の相談内容は、どうすれば社員ランクを上げられるか。

向上心がある小菅に対しありさは、ちょうどいいプロジェクトがあると提案。

「営業三課の一之江課長が指揮を取っているプロジェクト」

この提案を聞いた小菅は態度が急変し、提案を断りました。

”大奥”と呼ばれている営業三課とは関わりたくないようです。

成果を出せば社員ランクがあがるのに、営業三課(大奥)とは大抵の人が逃げ出す…。

そして案の定、飯田も大奥の洗礼を喰らっていました。

営業三課(大奥)は昔から荒れている部署で、忙しいだけでなく”他の問題”もあるとのこと。

その問題とは…。

そんな話をしている山下・林・松原。

一方ありさは大奥のスケジュールを見ていました。

飯田以外はランチの予定があるものの、飯田だけ空欄。

つまり仲間外れにされているのです。

さらに飯田が異動してから2週間経っているけど、あまりに空欄が多いし、誰に会議にも同行していない。

このことからありさは、飯田が一之江課長から仕事を与えられていないと推測。

営業三課(大奥)は万年、人手不足の部署。

にも関わらず仕事を与えられていない=飯田が仲間外れにされていることは確定的。

その頃。

飯田はコピー業務中。

女性社員の瑞江に「珍しくパンツスタイルなので」と言われたり、一之江課長から「今日は媚び媚びコーデじゃないのね」と言われたり。

さらにネイルまで注意されます。

その様子を扉の隙間から覗いているありさと松原。

飯田はおとなしめなネイルにも関わらず、より派手なネイルをしている女性社員は何も言われていません。

無表情のまま一之江課長の説教を聞き続ける飯田。

お昼休みになると飯田以外の社員は、ランチに出かけていくのでした。

飯田が1人になったタイミングで声をかけるありさと松原。

そして若林課長の他の協力者を尋ねました。

「教えてくれたら一之江課長の弱点を教える」

と交換条件を提示して。

実は一之江課長は社長の妻。

そんな人に弱点なんてあるはずないと言い、飯田はありさ達の前から去っていきます。

その後、ありさと松原は一緒にランチへ。

ここでありさに夫がいることが発覚し、松原と恋バナで盛り上がるのでした。

1人になった飯田は、若林課長に言われた事を思い返しています。

「何かあったら守るから、しばらく頑張ってくれ」

神妙な表情で外を歩く飯田。

そして、ランチを終えて人事部に戻ったありさ。

すると三屋部長に呼ばれ会議室へ向かうことに。

話の内容は若林課長と飯田の件について。

話の中でありさは三屋部長に言いました。

「この一件は他に手引きした人がいるかもしれない」

と。

そして流れに関わった人物として、

  • 企画一部兼任・世田
  • 人事担当・高井

2人の名前が出てきました。

名前を聞いたありさはすぐさま、飯田が昇格した時期を再確認。

すると飯田が昇格した時期は、世田が一部兼任になる少し前の時期、つまり”ハザマ”の時期でした。

人事でバタバタしていた時だったので、部長評議がすっ飛ばされた、と呟く三屋部長。

このことから疑わしき人物が高井であると導き出されました。

〜社内探偵6巻ネタバレここまで〜

▶▶全巻ネタバレ目次に戻る

↓毎日最大50%ポイント還元↓ まんが王国で社内探偵を半額で読む

漫画丨社内探偵7巻ネタバレ

〜社内探偵7巻ネタバレここから〜

高井はありさと同じ人事部に所属する、中年の男性社員。

あまり仕事を増やしたくないタイプの人で、マイペースな性格。

ただ社員のことはキチンと把握しています。

小菅が相談に来た時も、おおよその内容を把握していました。

「小菅は自己評価が高すぎて世田部長も困っている。放っておけばいい」

という高井に対しありさは、

「何の成果をあげなくても給料をランクを上げれば、小菅さんもおとなしくなるかもしれませんね」

と冗談交じりで言いました。

当然ながらそんなことはダメと返答する高井。

2人のやり取りを聞いていた町上も思わず驚きます。

またありさはこのやり取りを通し、高井からは直接ボロが出ないだろうと推測。

そこで高井のことをよく知るであろう若林課長と接触を図ることに。

定食屋にて。

ありさは若林課長と相席になり、率直に聞きました。

「人事の高井さんはどうでしょう」

と。

ありさの質問に拍子抜けした若林課長は、何も分かってないいんだな、と一言。

しかし飯田のことを絶対に頼むといい、知っていることをありさに話し始めました。

「会社はお前が思っているよりも腐っている」

ランチ後。

ありさは町上からも、黒幕は高井という情報を聞きます。

その頃、飯田は1人で会議室にいました。

次に入ってきた女性社員・船橋から「若林課長と不倫してるって本当?」と聞かれるものの、適当にあしらいます。

すると一之江課長たちもやってきて、会議がスタート。

しかしこの日、一之江課長はひどく不機嫌な様子。

取り巻きの女性社員に対して次々と厳しい言葉を浴びせ、瑞江に対しては飯田との担当変更を命じました。

出来が悪い社員は代えるのが一番の作戦だと。

そして一足先に会議室を去ろうとする一之江課長。

去り際、飯田に対しこう言い残しました。

「もう少し女性らしさを考えた服装にしなさい」

と。

一之江課長から担当変更を命じられた瑞江は、飯田に対して罵声を浴びせました。

後日。

飯田と瑞江は取引相手のドランズ・岩淵と面会。

飯田はさっそく岩淵に媚びを売ります。

タブレットカバーに貼ってあるステッカーを話題に出し、自分もそのラジオを聞いていると切り出しました。

すると岩淵も食いつきます。

瑞江は1人置いてけぼりにされ、飯田と岩淵の会話はどんどん盛り上がりを見せます。

そして飯田は親睦会を提案。

岩淵は喜んで飯田の提案を受け入れるのでした。

その後。

帰路についた飯田は、瑞江に対しても媚びを売り始めます。

「岩淵さん多分、瑞江さんのこと好きだと思います。瑞江さんの協力しますよ」

驚く瑞江ですが、まんざらでもなさそう。

しかし…

飯田の表情は何か裏がある様子。

何か企んでいそうです…。

〜社内探偵7巻ネタバレここまで〜

▶▶全巻ネタバレ目次に戻る

↓毎日最大50%ポイント還元↓ まんが王国で社内探偵を半額で読む

漫画丨社内探偵8巻ネタバレ

〜社内探偵8巻ネタバレここから〜

ありさは町上とおしゃれなレストランでディナー。

にこやかな笑顔で楽しさを伝える町上と、冷静な表情で話を続けるありさ。

ありさは町上が「今日は本当に楽しい」と言った回数をカウントしており、今のでたぶん8回目とのこと。

ありさは聞きたいことがあると言うものの、町上はもう少し楽しい話をしようと言いました。

しかししびれを切らしたありさは席を立ち上がり、先に帰ろうとします。

すると町上も觀念し、口を割りはじめました。

「高井さんの話を聞いたのは馬場さん」

と切り出し、詳しい情報を伝えます。

2人で飲みに行った時、高井は馬場に、

  • とんでもない事に加担してしまった
  • クビになってもおかしくない
  • 何で男は女に弱いのか

ということを吐露した様子。

そして”あの一件”と同じ頃のタイミングに聞いたとのこと。

「町上くんって馬場さんと知り合いだったのね」

とありさが尋ねると、この前の飲み会で一緒になったから聞いてみたと答えました。

ありさは頭の中で「誰かが…」と呟くのでした、

場面は変わり、飯田と瑞江、ドランズの岩淵たちが食事をしているシーン。

岩淵は楽しそうに飯田と会話をしています。

瑞江も会話に入り、王山のワンデイジャパンを聞いてるんですよと言いますが…

飯田は瑞江が、本当は興味ないのに今日のために頑張って聞いて来たんだなと察知し、少しつまらなそうな表情に。

「父の日エピソードが大好きで」

と瑞江が言うと、岩淵たちは可もなく不可もなくというテンションで対応。

次は飯田のターン。

「お気に入りの話はテディベアローションまみれ」

と言うと、岩淵たちは大爆笑!

一瞬にして男性陣の注目を勝ち取り、ナチュラルメイクにも好感を持たれるのでした。

その後、瑞江も挽回を試みるものの空回り続き。

好きな映画、得意な料理…何から何まで岩淵たちのリアクションはイマイチ。

それに対し飯田は話の持っていき方が抜群にうまく、男性陣を独り占め状態。

さらにわざとカバンからお弁当箱をチラ見させ、家庭料理が作れるアピールも。

結果、飯田だけがおいしいく、瑞江はみじめな思いをするのでした。

食事後。

2人で歩く飯田と瑞江。

瑞江は飯田に対し怒りをあらわにします。

「協力するって言ったのに、岩淵さんに媚びてばっかり。弁当を仕込んだり着替えまでしてきて。本当に汚い女」

飯田はまったく悪びれておらず、瑞江に対して「センスがない」とまで言い放ちます。

この言葉に気分を悪くした瑞江は1人で帰路につくことに。

飯田は歩きながら、若林課長の言葉を思い返します。

「エンタメの企画職なら一流のエンタメに触れろ」

「テディベアローションまみれの話で笑わない男はいない」

…などなど。

若林課長への恩を感じつつ、せつなそうな表情で夜道を歩く飯田なのでした。

翌朝。

この日から飯田は、瑞江を含む女上司から痛がらせを受けることに。

瑞江の策略により会議の連絡が届いておらず、ペナルティとして今週中に1000件のテレアポが課せられました。

他の社員は誰も協力してくれず、飯田は孤立状態…。

以前、松原が手伝ってくれたことを思い出し、無表情で一点を見つめる飯田。

ここで場面はありさのシーンへ。

ありさは三屋部長のもとへ行き、高井が黒幕だろうという話を報告。

ただ反対に、高井は関係ないと言う人もいると告げました。

話を聞いた三屋部長は、町上に自分からも話を聞いてみると良いす。

そしてその後。

なんといきなり三屋チェックが入り、町上が異動になる可能性が…!?

〜社内探偵8巻ネタバレここまで〜

▶▶全巻ネタバレ目次に戻る

↓毎日最大50%ポイント還元↓ まんが王国で社内探偵を半額で読む

漫画丨社内探偵9巻ネタバレ

〜社内探偵9巻ネタバレここから〜

「町上が異動?私の報告のせい?」

不安を感じたありさは町上と会議室へ。

単刀直入に「異動になったの?」と尋ねるものの、異動ではなく高井のことを三屋部長から尋ねられたとのこと。

ここでありさは、昨日あえて言わなかったこと、「高井は関係ないと若林課長から聞いている」ということを町上に告げました。

え!?じゃあ、馬場さんが聞いた高井が加担したとんでもないことって…?と驚く町上。

ありさは高井へのヒアリングを提案すると同時に、三屋部長の言葉を思い返します。

「町上が嘘をついている可能性がある」

ありさは町上の目を見て、嘘ついてないよね?と問いかけました。

町上も真剣な表情で「ついてない」と言うのでした。

先に会議室を出て、馬場のもとへ向かうありさ。

会議室に残った町上は1人、窓辺から外を眺めるのでした。

しばらくするとありさは、馬場を連れて会議室に戻ってきました。

ありさは馬場に会うなりさっそく、飯田の不正昇進を人事で承認したのはあなたですよね?と尋ねました。

が、違うと馬場は答えます。

「けど高井さんは当時、とんでもないことに加担したとこぼしてたんですよね?」

と尋ねると、馬場は焦り始めます。

それでもなお答えようとしません。

そこでありさは核心をつく一言を発します。

「高井さんがこぼしていた”加担”とは、飯田さんと若林課長のことではなく、一之江課長と半澤専務の不倫についてですね?」

この言葉に驚き、耳をふさいで声をこぼす馬場。

間違いなく図星という反応。

仮設が事実として何で君が知ってるの?と、馬場はありさに尋ねました。

ありさは得意の早口で、

  • 半澤専務はセクハラ行為が度々報告されている
  • しかし社長の古い友人なので誰も咎められない
  • そんな中、半澤専務の不倫の噂が入った
  • 情報ルートは教えられないが、相手が一之江課長という事は掴めた
  • 高井は逢引きのアリバイ工作に使われたのでは?

と仮設を述べました。

ぐうの音も出ず、脅されて協力したと暴露する馬場。

しかし飯田の不正昇進には間違いなく関わっていないと言います。

馬場は続けて言いました。

「部員が持ってる権限は必ず持っている、つまり自分が承認できる全てのものは上長も承認できる」

と。

この言葉を聞いたありさは、まさか三屋部長が不正…?と不安を覗かせるのでした。

場面は変わり飯田がテレアポをしているシーンへ。

大奥でイジメにあっている大奥は、今週中1000件のテレアポを課せられています。

たまたま通りがかった松原と林はそのことを聞き、1000件という件数に驚きます。

飯田は2人に対し、時間がないからどこかに行ってくださいと冷たく言いました。

しかし松原は飯田を放っておくことが出来ません。

自分たちも手伝う、一之江課長をギャフンと言わせようと、飯田からリストを分けてもらうことに。

数時間後。

松原と林はこれから会議のためテレアポ終了。

飯田はテレアポリストに目を通します。

こなした件数は合計418件。

会議へ向かう道中、林は松原に尋ねました。

「なぜ飯田に対し優しいんですか?」

松原は飯田をちゃんと教育できず追い出すような形になって後悔している、と言います。

一方の飯田は入社当時のことを思い返しています。

入社当時からよくしてくれたのが若林課長。

他の女性社員から陰口を叩かれていたものの、それでも若林課長は飯田に優しく接していました。

そんな若林課長に好意を持ち始める飯田。

「私は年上男性への憧れが強い。お父さんがいないかな…」

それから2人は秘密裏での交際をスタートさせたのでした。

その頃。

社内をキョロキョロ歩き回る山下。

ありさのもとには馬場がやってきて、何かを報告しています。

そして飯田のもとにやってきた山下。

驚きの事実を飯田に報告します。

「若林課長課長、クビらしいよ」

〜社内探偵9巻ネタバレここまで〜

▶▶全巻ネタバレ目次に戻る

↓毎日最大50%ポイント還元↓ まんが王国で社内探偵を半額で読む

漫画|社内探偵10巻ネタバレ

〜社内探偵10巻ネタバレここから〜

ありさは急いで若林のもとへ行き、退職の詳細を尋ねました。

若林の退職は”諭旨退職”、つまりほぼ解雇のようなもの。

どうやら若林が以前パワハラをしたという内部告発があったそう。

とはいえありさの判断では、若林の言動はパワハラには当たらないと。

若林もパワハラの自覚はありません。

しかし飯田の件で懲戒を喰らっているので、仕方なく諭旨退職を受け入れようとしています。

「あなたが辞めたら飯田さんはどうなるんです?」

と尋ねるありさに対し若林は、こんな状況にしたのはお前だろと一言。

さらに続けていいました。

「いつだって自分の正義だけだな。それで満足なら好きにしろ」

そう言い残し若林は去っていきます。

そして若林のスマホには、飯田や奥さんからのLINEが溜まっているのでした。

飯田からの着信があり仕方なく会いに行く若林。

改札口で飯田が待っていたのですが、この時の飯田は仕事モード。

しかし場所を移動した途端、グイグイ若林に詰め寄ります。

「クビってどういうこと?」

と。

若林は冷めたような表情で飯田の話を聞いた後、終わりにしようと告げました。

もう疲れた、俺は妻が一番大事だとも言います。

最後に頭を下げ、すまないと謝罪。

飯田は目に涙を浮かべ立ち尽くし、若林はそのまま帰路につくのでした。

翌朝。

ありさは高井に相談。

若林の退職の件が何とかならないか?と尋ねます。

しかし高井は否定的。

告発者がいてしかるべき調査を経て、それを本人が認めたのだから決定事項だと言います。

「若林さんの事に首つっこむのはもうやめなよ」

とも言いますが、ありさは食い下がります。

そんなありさに高井は釘を刺しました。

「自分がスッキリしたいだけじゃないのか?人を不幸にしてるのに」

高井の言葉がキッカケでありさの中に迷いが生じます。

私は間違っているのだろうか?

黒幕が三屋部長だったら?

それでも私は事実を追求する?

迷いが拭えぬまま、ありさは仕事に取りかかります。

すると町上が気をかけ、何かあったら相談してよと声をかけました。

町上のおかげで少し元気を取り戻すありさ。

するとありさのパソコンに飯田からメールが。

縦読みすると「くび何てふざけんな」となります。

そしてありさは飯田と1対1で話をすることに。

飯田いわく、山下がクビの理由を尋ねてきたとのこと。

「パワハラ告発したのは山下…?」

とありさは考えます。

また規定により退職理由を教えることはできないと告げると、飯田はそそくさと去っていきました。

その後。

ありさが椅子に座って考え事をしていると、松原とはyしがやってきました。

落ち込んでいるありさに対し松原は、

「私と林は少なくとも久我さんに救われた」

と言います。

人事として頼もしい、人に興味を持っているから人事に剥いている、とも。

2人の言葉にありさは原点を思い出しました。

「私は人に興味があって、大事にしたくて人事の仕事をしている」

そして自分に出来ることを徹底的にやろうと決意。

相手が三屋部長だろうと、若林が無罪ならば見て見ぬ振りは出来ないと思うのでした。

その頃。

大奥では相変わらず、一之江が暴走中。

飯田は船堀と2人きりになるのですが、そこで思わぬ提案が。

「一緒にあのオバサン引きずり降ろさない?」

飯田は疑いの目を船堀に見せると、ありさからも縦読みメールが届きました。

「てをくみませんか」

〜社内探偵10巻ネタバレここまで〜

▶▶全巻ネタバレ目次に戻る

↓毎日最大50%ポイント還元↓ まんが王国で社内探偵を半額で読む

漫画│社内探偵11巻ネタバレ

〜社内探偵11巻ネタバレここから〜

先に仕事を切り上げる三屋部長。

ありさと町上は2人で話をします。

三屋部長を信じてはいけないのか?自分にももっと働かせて欲しい、頼ってほしいと述べる町上。

ありさは町上の優しさに甘え、2人で飯田のもとへ向かうことに。

すると飯田も船堀を連れて待っていました。

一之江をやっつける同盟を組んだと説明する飯田。

そして4人は気兼ねなく話をしたいからと、ありさの自宅へ。

船堀は自身の目的を告白します。

「御台様をあのポジションから引きずり下ろすか、自分が異動できるならそれでいい」

と。

続いて飯田の目的を尋ねるありさ。

若林と別れたありさはもう、大奥にいる理由はありません。

だから壊してやりたい、と言います。

2人の話を聞いたありさは、自身の目的を告げました。

「不正は正す、悪は裁く、真実を確かめる」

と。

そして飯田に対し不正承認の詳細を尋ねるものの、飯田は知らないとのこと。

肩を落とすありさですが、船堀が提案しました。

アクセスログを見ればいいと。

システム部で3年分くらいのデータは残っているはずだから、部の偉い人に取り持ってあげると積極的に協力してくれます。

次の議題は、若林の退職が諭旨であることについて。

各々知っている情報を洗いざらい話すもののありさは、人事部員だから情報を漏らす事はできないと言います。

不満そうな表情を見せる飯田ですが、みんなが仕入れた情報を頼りに真相にたどり着けば、みんなの目的を果たすことになると諭しました。

そしてありさは取引と算段を教えることに。

「一之江課長の弱点は社長」

と。

しかし一之江が社長の妻であることは周知の事実。

そこでありさは、社長を自分たちの同盟に引きずり込もうと計画しているのです。

社長に接近するのは飯田の役割。

翌日から4人の作戦が決行されるのでした。

その頃。

松原は山下とメッセージでやり取りし、今夜飲みに行くことに。

そこで想わぬ事実が発覚。

「若林をパラハラで通報したのは私」

と。

飲み会の時に”お前はダメだ”と言われたそうなのですが、それは山下が誇張して捉えたもの。

松原いわく飲み会の時、若林は”誰にでもダメなところはあるから、お互いフォローしよう”と言ったとのこと。

山下が事実を盛って報告したことに苛ついた松原は、お金を置いて先に席を立ちました。

すると松原の背後から近付く影。

ありさです。

2人の後ろの席に座り、話を聞いていたのです。

自身の目と耳で事実を把握したありさは、今後の動向を考えます。

山下がパワハラを告発したことを三屋部長に報告するか、それとも…。

翌日。

ありさは船堀のもとへいきアクセスログを確認。

もし承認アクセスが三屋部長だったら…。

〜社内探偵11巻ネタバレここまで〜

▶▶全巻ネタバレ目次に戻る

↓毎日最大50%ポイント還元↓ まんが王国で社内探偵を半額で読む

漫画|社内探偵12巻ネタバレ

〜社内探偵12巻ネタバレここから〜

認証システムにアクセスしたのが三屋部長のIDであることが判明。

ありさがアクセス日時を確認してもらったところ、船堀いわく4月22日16時とのこと。

その日は三屋部長が総吉社に出かけていました。

「行ったフリだって出来るし、リモートでもアクセスできる」

と言う船堀。

しかしこの日、外部MTGにはありさも同行していたので、誰かが三屋部長のIDを使ってアクセスしたことになります。

そして船堀が辿ったところ、企画部の時の若林のPCからアクセスされていたことが判明。

一方そのころ。

飯田は松原と林を呼び出し、この会社のことをどう思うか?と問いかけています。

当たり障りない回答をする松原や林に対し飯田は、社長ってどんな人?と問いかけました。

あまり関わったことがないと言う松原。

社員の声を聞きたいと思っているのでは?と言う林。

林は以前、社長と飲みの席で一緒になったことがあり、そう感じたそうです。

おおまかに社長に関する話を聞いた飯田は席を立ちました。

そしてこっそり社長を尾行。

社長と女性社員が喫茶店に入ると、後を追って自分も喫茶店へ。

偶然を装うように社長に挨拶すると、一緒にコーヒーを飲もうと声をかけてきました。

ここまでは計画通り。

社長と一緒にいた女性社員は、デザイン部の大森課長。

社長も大森も飯田の存在は知っており、もともと企画一課だったものの、今は営業三課に移動したことも把握済み。

そして社長が一之江課長に関する話題を出した時、飯田は少し曇った表情に。

「何かあるのか?」

と尋ねる社長に飯田は言いました。

若い社員がジョブローテで社内の業務を経験できるのは良いこと。

しかし短期間でその仕事を知った気になる人、希望の部署に行けず退職してしまう人がいるのも事実。

もう少し個々の特性を見て成長の機会を与えて欲しいと思います、と。

意見を尋ねられた大森は、徒労感を持つこともあると本音を吐露。

さらに飯田は言いました。

組織がトップダウン過ぎる、現場の満足感みたいなものをもう少し汲み取って欲しい、と。

社長は飯田の意見を真摯に聞き、良い着眼点があると高く評価。

そして社長を落としたと船堀に報告。

まさかの出来事に船堀は驚きます。

ありさの家に集まっている4人。

ただ大事なのはここから、社長に気に入ってもらったとはいえ、真相は明らかになっていません。

とはいえ、若林が三屋部長のIDを勝手に使い、独断で飯田の昇格を承認したことは把握済み。

「承認フローの流れで次は三屋部長と知っているのは若林だけだった。そこまでして飯田を昇格させるメリットがある人物を私は推測できない。何か知っていますか?」

と問いかけるありさ。

しかしありさは分からないとのこと。

ただ三屋部長がシロであることは確定したので、ここまでの流れは町上が部長に報告することに。

一方の飯田は複雑な表情。

若林から昇格を告げられ喜んだ時のことを思い出しますが、なぜ危険な橋を渡ってまで昇格させたのか?気になっています。

後日。

ありさは若林と2人で話をしています。

ベンチに座りタバコを吸う若林。

明日が最終出社日。

去り際に若林は、飯田のことを頼んだと言い残して行きました。

その頃、飯田はビジネスメールを作成中。

送信相手は社長。

面談のお願いをしたところ、19時に面談の約束を取り付けることに成功するのでした。

〜社内探偵12巻ネタバレここまで〜

▶▶全巻ネタバレ目次に戻る

↓毎日最大50%ポイント還元↓ まんが王国で社内探偵を半額で読む

漫画|社内探偵13巻ネタバレ

〜社内探偵13巻ネタバレここから〜

町上は三屋部長から担当変更を命じられます。

西の産休に合わせて労務担当になって欲しいと告げられる町上。

ありさと同じチームじゃなくなることを残念がる町上ですが、三屋部長は期待していました。

そろそろもう一段階成長してもらいたいと。

町上が抜けた分の人員補填はすぐにできないため、しばらくは手分けをして進めて欲しいとのこと。

また、三屋部長は続けて言いました。

若林に自分のパスワードが盗まれていたそうだね、真実にたどり着いてくれてありがとう。

「これで任務は終了だ」

と。

三屋部長が去ったあと、ありさは疑問を町上に話しました。

三屋部長はなぜ、アクセスログの開示を求めなかったのか?

システム部は自分や船堀に簡単に見せてくれたのだから、部長が開示を求めたら簡単に分かることだったのではないか?

部長のパスワードを盗んだ若林は、そもそもどうやって盗んだのか?

などなど。

町上いわく、三屋部長はチェックノートにパスワードをメモしているとのこと。

となると、その様子を若林が見ていた可能性があってもおかしくありません。

また、三屋部長はデータより紙をしている人物のようでした。

その後…

デスクに戻ったありさのもとに飯田からメッセージが届きます。

「作戦失敗」

ありさや町上、船堀は飯田が待つ部屋に行き詳細を訪ねます。

食堂に行って社長に接した飯田ですが、どのように失敗したのかは詳しく話しません。

そして今のところ次の作戦も思いつきません。

この場はとりあえず、ありさが一之江課長の件を預かることになり解散。

飯田は再びテレアポを続け、なんとかノルマである1000件を達成。

しかし松原や林が手伝ってくれなければ、ノルマを達成することはできませんでした。

「他人が時間を使ってくれることの意味をよく考えなさい」

という言葉が飯田の脳裏をよぎります。

時は少しさかのぼり…

飯田は社長と2人で料亭を訪れました。

肉より魚が好きという話題から話を広げ、社長との距離感を縮める飯田。

イケる、食いついてきてると確信した飯田は「相談」と言い、社長の仕事に関する考えを聞くことに。

しかし飯田は女性の服装、さらには自分の服装について評価を求めたのです。

これには社長も気を悪くし、こう言います、

「雑談から生まれる話もあると思っていたけど、時間を浪費させられた。他人が時間を使ってくれる事の意味をよく考えなさい」

テレアポを終えた飯田は松原のもとへ行き、1000件こなしたことを報告。

社長の言葉が効果的だったようで、松原と林に対し謝罪と感謝の気持ちを伝えました。

松原も「ありがとう」と感謝の言葉を述べるのでした。

一方そのころ。

ありさが給湯室でコーヒーを淹れていると、三屋部長もやってきました。

そこでありさは三屋部長に、若林の諭旨退職について訪ねます。

「諭旨退職だとしても若林が認めたらそれ以上でもそれ以下でもない」

と答える三屋部長。

また若林の噂話の出どころが山下であることを知っていました。

「私と松原しか知らないことを三屋部長は知っている…?」

〜社内探偵13巻ネタバレここまで〜

▶▶全巻ネタバレ目次に戻る

↓毎日最大50%ポイント還元↓ まんが王国で社内探偵を半額で読む

漫画|社内探偵14巻ネタバレ

ありさは松原と合流し、あれから山下とは何か話をしたか?と尋ねます。

気まずくて避けている、彼女がパワハラされていたのも疑わしいし…と苦笑いしながら話す松原。

松原と山下の接点がないことを確認したありさは続いて、若林のもとへ向かうのでした。

「ちょっと仕掛けるか…」

ありさは若林に対し、もう一つだけ教えてくださいと切り出し…。

一方そのころ。

”大奥”では打ち合わせが行われており、一之江課長はふてくされ気味。

今週はどうでもいい進捗報告ばかり、給料ドロボーばっかりねと声を荒げます。

すると一之江課長は、ドランズ内諾という文字を発見。

担当である飯田は「一週間いないに正式に承認してもらえると」と説明するものの、一之江課長は詰め寄ります。

「口約束なんて内諾とは言わない。何の権限も持たない人間の合意なんて無意味」

と。

しかし飯田は、横山部長から内諾をいただいたと説明してスマホを取り出すと、岩淵から連絡が届いて正式に承認完了していただけましたと報告。

してやったり、という表情を見せる飯田ですが…

テレアポ1000件達成した旨を報告すると一之江課長は、「誰かに手伝ったもらったんじゃないの?」と言います。

飯田は「松原と林に手伝ってもらったことがバレてる?」と感じ、正直にそのことを伝えました。

飯田の説明に対し一之江課長は、よその部のリソースを勝手に使うなんてダメに決まってると言います。

しかし席を立ち上がると、こう言い残して部屋を出ていきました。

「船掘と瑞江とチームを組んで、飯田がリーダーを務めなさい」

と。

ここで場面は変わり、ありさと山下が

2人で

食事をするシーンで。

少し気まずそうな表情を見せる山下。

そんな山下にありさは詰め寄ります。

「パワハラの罪がでっち上げだという証拠のメールは入手している。告発者さえわかれば上部に報告提出できる」

と。

すると山下は表情が急変し、情報提供者は誰なの?と大声で尋ねてきました。

しかしすぐ落ち着きを取り出すと、山下は先にお店を出て、スマホをチェックしながら帰路につくのでした。

山下と別れたありさは会社へ戻ります。

時間はもう21時。

町上が先に帰宅し、ありさは1人で情報をまとめることに。

「山下は噂話の的になることを楽しんでいたけど、そういう人なだけではなかった。あそこまでうろたえるということは…」

そして準備完了と心の中でつぶやき、ありさも帰宅するのでした。

場面は飯田と岩淵の食事シーンへ。

飯田は上手く岩淵に取り入り、あわよくば他の契約を取りたいと模索中。

時間も遅くなりお店を出ると、岩淵から突然の告白が。

「個人的に飯田さんとお付き合いさせて欲しい」

面倒臭さを感じるものの飯田は、社長に言われた一言が脳裏をよぎります。

「他人が時間を使ってくれる意味を考えなさい」

すると飯田は、これまでのやり取りが全部ウソであることを告白。

  • ドランズとの関係を強くするために気がある素振りをした
  • 王山もマッドマークスもそこまで知っているわけではない
  • 全部演技、岩淵さんの趣味に会う女ではない

飯田の話を聞いた岩淵は、とりあえず友だちから始めてくれませんか?と提案。

飯田も素直に提案を聞き入れ、今後2人は映画を観に行く約束をするのでした。

…時間は23時。

会社のオフィスでは、謎の人影がパソコンを操作しログインを試みています。

しかしログイン情報が合わず、エラーが連続。

「あなただったのね、町上くん」

そう声をかけたのはありさ。

なんんと町上が情報の流出源…!?

▶▶全巻ネタバレ目次に戻る

↓毎日最大50%ポイント還元↓ まんが王国で社内探偵を半額で読む

【漫画】社内探偵15巻ネタバレ

財布を忘れて戻ってきたという町上ですが、ありさは中で話しましょうと一言。

そしてデスク上にタブレットを置いていて、自分のスマホとWEB会議で録画していたと言います。

盗撮になるんじゃ?と慌てる町上をよそに、ありさは続けて言いました。

「山下さんが来ると思った」

と。

ありさは山下にカマをかけていたので、それに引っかかると思っていたよう。

また町上にした話「山下は噂話の的になるのが嬉しいらしい」という内容を、三屋部長が知っていたとも報告。

町上は焦った様子で、その事を話したのは自分だと告白します。

そんな中、ありさは録画映像を再生。

すると映像には町上の顔が映し出されました。

これにより町上がありさのパソコンを操作していたことが確定。

「山下とは仲間じゃない。ログインできなかったから証拠は見ていない」

と、町上は観念しました。

しかし、ありさは深くは追求しません。

町上が不正に加担していたことはショックだけど、口を割らないことも含めて何か事情があるんだろうと思ってる、と言います。

それでも真実を明らかにしたい…。

その後、帰宅したありさは考え事。

三屋部長と町上が不正に加担している事、そして山下とも繋がっていたことがほぼ確定。

しかし三屋部長も町上も何か事情があるに違いない。

三屋部長ほど信頼できる人もいない。

だからこそ、今回の一件を徹底的に追求しようと考えているのです。

しかし翌日。

ありさに思わぬ出来事が起こります。

山下や町上のことを報告し、人事部員として何があったのかを三屋部長に聞こうとしたところ…

「久我さん、総務に異動してくれないか?」

と指示が下るのでした。

▶▶全巻ネタバレ目次に戻る

↓毎日最大50%ポイント還元↓ まんが王国で社内探偵を半額で読む

漫画|社内探偵16巻ネタバレ

〜社内探偵16巻ネタバレここから〜

総務への異動を命じられたありさ。

このタイミングで異動になるということは、町上から昨夜のことを聞いている?

真実に近付こうとした私を遠ざけようとして??

と、ありさは考えます。

三屋部長いわくありさには、若林の穴埋めをしてほしいとのこと。

若林とはランクが違いすぎると反論するありさですが三屋は、ありさを昇格させてでも異動させる腹積もりでした。

「そんなことをしてまで私を排除したいのか?」

と不信感を抱いたありさは、昨夜の出来事を話しました。

  • 若林のパワハラが不正である証拠を町上が回収に動いた
  • 「証拠を掴んだ」と山下に嘘の報告をした
  • そうしたら町上がありさのデスクを漁りにきた

「部長と町上と山下は何をされてるんですか?」

と、ありさは声を荒げて叫びました。

しかし三屋部長は聞き入れようとしません。

何の話をしているか分からないといい、任命権は自分にあるからキミには他の仕事をさせればいいだけ、と告げます。

この言葉にありさは唖然とした表情に。

ただ、それでも三屋部長に問い詰めます。

「三屋部長の関連を知りたい。一体何をなさっているのか?」

と。

すると三屋部長はため息をつき、こう言いました。

「冷静になってくれ。キミは一度、人事から離れた方がいい」

そして席を立ち会議室を出ていくのでした。

このやり取りを通してありさは、三屋部長は何かを隠そうとしていることを確信。

しかし証拠がありません。

ありさは部屋を出て町上と合流し、山下との関係性を尋ねました。

町上いわく山下とはたまに飲んだりする関係とのことですが、ありさはこう推測します。

「山下が町上と仲良くするはずはない。町上は何の情報も持っていないような人だから」

と。

そして異動になる旨、人事ができないなら退職も考えていると伝えると、町上は動揺しました。

ありさは追い打ちをかけるように、真実を教えてくれるなら何とかなるかもと言うのですが…

町上はしどろもどろしながら、真実なんてないと言うのでした。

お昼休み。

ありさは松原、美和とランチへ。

そこで美和は、開拓チームのリーダーに抜擢されたことを報告。

美和の成長ぶりに松原は目を輝かせます。

また林は課長になるかもしれないとの噂。

自分が関わった人たちが成長していく様子を見てありさは、次に与えられた場所で頑張ることでまた、得られるものがあるのかもしれない…と考えるのでした。

後日。

この日は人事配置の会議が行われています。

そんな時、町上は意を決した様子で言い放ちました。

「久我さんの異動はおかしいと思います。悪いのは全部、三屋部長でしょう!!」

〜社内探偵16巻ネタバレここまで〜

▶▶全巻ネタバレ目次に戻る

↓毎日最大50%ポイント還元↓ まんが王国で社内探偵を半額で読む

漫画|社内探偵17巻ネタバレ

※社内探偵17巻のネタバレは下記記事にて確認できます。

関連記事

「社内探偵」はまんが王国にて先行配信されている漫画で、現在17巻まで先行配信中。 他の電子書籍サイトだと15巻までの配信になっているので、最新刊である17巻を今すぐ読むなら、まんが王国を活用するのがオススメ! ここでは、社内探偵[…]

▶▶全巻ネタバレ目次に戻る

↓毎日最大50%ポイント還元↓ まんが王国で社内探偵を半額で読む

 

漫画丨社内探偵の電子書籍を今すぐ無料で読む方法

漫画「社内探偵」は各種電子書籍サイトにて、一冊220円で配信されています。

そして電子書籍サイトに無料会員登録した時にもらえるポイントを使えば、社内探偵の漫画を無料で読むことができます。

利用する電子書籍サイトともらえるポイント、特徴をまとめた表が下記の通り。

サイト名
(無料期間)
もらえるポイント 特徴
まんが王国
(無料期間なし)
毎日最大50%ポイント還元 社内探偵を先行配信
U-NEXT
(31日間無料)
600円分 社内探偵の配信が遅め
music.jp
(30日間無料)
600円分 まんが王国と同等の配信日
クランクインビデオ
(2週間無料)
3000円分 社内探偵の配信が遅め

まんが王国は社内探偵を無料で読むことができないものの、社内探偵を先行しています。

なので社内探偵の最新刊をいち早く読みたいなら、欠かせない電子書籍サイトです。

U-NEXT・music.jpは無料会員登録でもらえるポイントを活用すれば、社内探偵の電子書籍を無料で読むことができます。

続いての項目では、まんが王国・U-NEXT・music.jpの詳細を見ていきましょう。

まんが王国で社内探偵の最新刊をいち早く読む

まんが王国は人気漫画はもちろん、オリジナル漫画も数多く配信しています。

また「社内探偵」の漫画を先行配信している電子書籍サイトでもあります。

まんが王国は毎日最大50%ポイント還元を行っているので、「社内探偵」の最新刊をいち早く半額で読むことができますよ。

※月額コースと都度課金コースに分かれています。都度課金コースであれば無駄な費用がかからないので、お得にまんが王国を利用できます。

↓毎日最大50%ポイント還元↓ まんが王国で社内探偵を半額で読む

U-NEXTで社内探偵の電子書籍を無料で読む

U-NEXTでも「社内探偵」の電子書籍が配信されているものの、まんが王国よりも配信日が遅いです。

まんが王国では現在16巻まで発売されていますが、U-NEXTではまだ15巻までの発売。

しかし無料会員登録時にもらえる600ポイントを活用すれば、「社内探偵」の電子書籍を二冊無料で読むことができます。

さらに31日間のお試し期間中は、18万本以上の動画を無料で視聴できますよ。

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTで社内探偵を無料で読む

music.jpで社内探偵の電子書籍を無料で読む

music.jpは無料会員登録で合計1600円分のポイントがもらえます。

  • 動画用→1000円分
  • 共通→600円分

600円分の共通ポイントを使えば、社内探偵の漫画を二冊無料で読むことができます。

またmusic.jpも「社内探偵」の配信日が早く、現在15巻まで配信されていますよ。

↓30日間無料お試し期間あり↓ music.jpで社内探偵を無料で読む

クランクインビデオで社内探偵の最新刊を無料で読む

クランクインビデオは無料会員登録するだけで、3000円分のポイントがもらえます。

もらえるポイントは各種電子書籍サービスの中でも圧倒的。

このポイントを使えば社内探偵だけでなく、他の漫画なども無料で読むことができます。

また最新映画が充実しているので、映画を無料で視聴したい時もおすすめのサービスです。

↓14日間無料お試し期間あり↓ クランクインビデオで社内探偵を無料で読む

 

漫画|社内探偵を今すぐ無料で読む方法と全巻ネタバレまとめ

まんが王国で先行配信されている漫画「社内探偵」の全巻ネタバレをまとめました。

現時点で社内探偵は17巻まで最新刊が発売されています。

「社内探偵」の最新刊をいち早く読むなら、まんが王国を活用するのがおすすめ!

まんが王国では「社内探偵」の先行配信を行っているので、ぜひご活用ください。

↓毎日最大50%ポイント還元↓ まんが王国で社内探偵を半額で読む

話題のWEB漫画おすすめ作品とアプリ

鬼滅の刃特集

鬼滅の刃を全巻無料で読めるか調べた結果!漫画村の代わりのサイトもご紹介

漫画|鬼滅の刃の全話ネタバレまとめ!最終話・最終回205話まで紹介

漫画|鬼滅の刃23巻(最終巻)ネタバレと感想や無料で読む方法

話題の漫画のネタバレ一覧

悪魔だった君たちへ
 
俺だけレベルアップな件
 
快楽殺人姫
 
カラミざかり
 
鬼獄の夜
 
けだものたちの時間
 
社畜と少女の1800日
 
JKハルは異世界で娼婦になった
 
社内探偵
 
獣人さんとお花ちゃん
 
親友は悪女
 
爪痕-それでも結婚、続けますか-
 
盗掘王
 
revenge~替え玉婚~
 

話題の人気漫画を無料で読む方法

アルテ
 
イエスタデイをうたって
 
炎炎ノ消防隊
 
宇宙兄弟
 
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった
 
オリンピア・キュクロス
 
ガイシューイッショク
 
かくしごと
 
かぐや様は告らせたい
 
鬼滅の刃
 
ギャルと恐竜
 
虚構推理
 
キングダム
 
グレイプニル
 
五等分の花嫁
 
ゴールデンカムイ
 
邪神ちゃんドロップキック
 
終末のハーレム
 
終末のワルキューレ
 
食戟のソーマ
 
SHIROBAKO
 
スラムダンク
 
その着せ替え人形は恋をする
 
球詠
 
ダンまち
 
つぐもも
 
出会って5秒でバトル
 
デスノート
 
転生したらスライムだった件
 
東京卍リベンジャーズ
 
ドメスティックな彼女
 
波よ聞いてくれ
 
七つの大罪
 
八男って、それはないでしょう!
 
ハリガネサービス
 
ハリガネサービスACE
 
HUNTER×HUNTER
 
バガボンド
 
フルーツバスケット
 
放課後ていぼう日誌
 
僕のヒーローアカデミア
 
本好きの下剋上
 
魔王学院の不適合者
 
魔法科高校の劣等生 来訪者編
 
無限の住人
 
MAJOR(メジャー)
 
メジャーセカンド
 
約束のネバーランド
 
俺ガイル
 
ランウェイで笑って
 
Re:ゼロから始める異世界生活
 
ヲタクに恋は難しい
 

電子書籍サービスの詳細まとめ

U-NEXT
 
DMM電子書籍
 
楽天kobo
 
Amazon Kindle
 

続きを読みたい漫画を50音で検索

最終回が気になる漫画を50音で検索