【漫画】線は、僕を描く最終回4巻のネタバレと感想や無料で読む方法

漫画「線は、僕を描く」は単行本全4巻、話数全32話で完結しました。

第59回メフィスト賞を受賞した小説「線は、僕を描く」が原作となっている本作は、悲しみから抜け出せずにいた青年が水墨という未知の分野を通して命を見つめ、再生していく物語です。

水墨というジャンルに馴染みのない人でも分かりやすい構成で、漫画家堀内厚徳先生の美しく繊細ながらも生き生きとした作画がさらに物語の良さを引き立てました。

ここでは、「線は、僕を描く」最終回(最終話)のネタバレや感想、最終4巻を無料で読む方法などをご紹介していきます。

ちなみに…

線は、僕を描くの最終回4巻は、U−NEXTというサービスを使えば無料で読むことができます。

無料会員登録で600円分のポイントがもらえ、さらに31日間のお試し期間中は18万本以上の動画を無料視聴できますよ。

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTで線は、僕を描くを無料で読む

 

【漫画】線は、僕を描くの最終回4巻のネタバレ

「線は、僕を描く」は単行本全4巻をもって最終回を迎えました。

最終回4巻では、果たしてどのような結末が描かれているのか?

さっそく最終回(最終話)のネタバレを見ていきましょう。

〜線は、僕を描くの最終回ネタバレここから〜

一人で暮らすようになってから来ることがなかった自宅に青山は千瑛を連れて帰ってきました。

電気や水が出ると千瑛が言うと、青山は叔父が家を手入れしてくれているのだと思います。

青山はこの家は変わらないと言うと、両親を亡くしたあとの話を始めます。

叔父の家に住むようになってからも学校帰りはこの家に来ていた、何時間も両親のことを考えてたと言い、この家が変わらないのは、自分に変える力がなかったからだと思い立ち上がります。

青山は棚にしまってあった両親の写真を出して見つめると、ここからはじめないといけないと考えました。

両親の写真は棚の上に飾り、その横には菊を活けて千瑛と一緒に手を合わせます。

青山はいつか胸の痛みがなくなり幸せになったとしても、独りだったときの気持ちを忘れたくない、それを絵にしたいと口にします。

千瑛は青山の横顔を見つめます。

“湖山先生のように命にそのまま触れるような僕はそんな絵が描きたい”

そう言った青山に千瑛はあなたならできると言って微笑み、青山は千瑛がいてくれてよかった、千瑛の絵が好きだと言いました。

そしていってきますと言って家を出ました。

その後、二人はそれぞれの場所で絵を描きます。

水墨界の栄えある賞「湖山賞」を受賞するために、互いに持てるもの、学んだこと全てを画仙紙上にのせました。

とうとうやってきた授賞式の日、髪を切った青山は、湖山や千瑛と出会った一年前とは比べようのないほどすっきりした顔で授賞式の会場へと足を踏み入れます。

結果、湖山賞を取ったのは千瑛でした。

会場に掛かっている千瑛の描いた牡丹の絵は美しく、隣に立つ千瑛も同じくらい美しく、凛としていました。

ただ青山は湖山から賞状を手渡され、くしゃくしゃの顔で泣く千瑛の顔こそ今までで一番綺麗だと感じます。

青山は誰よりも千瑛の受賞を喜び、笑顔で拍手を送りました。

しかし会場を出ようとした瞬間、湖山が壇上から青山の名前を呼びました。

壇上には翠山もいて、青山の絵に審査員特別賞翠山賞を受賞させると言うと、そこで青山の描いた菊の絵を発表しました。

青山の絵を見た人々が素晴らしさにあまり静まり返ります。

湖山が賞状を手渡すと千瑛が拍手を始め、周りの人たちも称賛の声とともにそれに続けます。

青山は自分だけの力じゃない、出会ったすべてがお手本だったと思い、深々と頭を下げて賞状を受け取りました。

授賞式の後、マスコミに囲まれる千瑛を見ながら青山は会場を出ました。

一年前には気づけなかった桜の美しさに見惚れていると、西濱や茜、翠山に声を掛けられます。

翠山は青山の絵を技術だけでも才能だけでも描けない、きちんと生きた人だけに見える世界だと評すると、青山は嬉しそうな顔をします。

つづけて青山は一年前、ここに桜が咲いていることにも気が付かなかったと話します。

そこで西濱が青山の描いた絵の前で千瑛が待っている、あの絵の前で話がしたいんだろうと言いました。

走って会場に戻った青山は、今度は湖山に呼び止められます。

初めて声を掛けてもらった一年前と同じだと思っていると、湖山は美しい絵が描けるのはそれが美しいとわかるからだと言います。

そしてそれが気づけるようになったのが青山の一年だったのかもしれないと言いました。

青山は微笑み、千瑛の下に走ります。

絵の前にいた千瑛を呼ぶと、千瑛は花がほころぶような笑顔を青山に向けました。

そのころ、古前と川岸にも受賞の報告メールが入り、斉藤には西濱から電話を入れました。

電話を取った斉藤は二人の受賞の報せを聞くと嬉しいと言い、その顔は以前よりも随分穏やかです。

菊の絵の前に立った青山と千瑛は、受賞を喜びをかみしめたあと、以前約束していたお弁当屋さんに行くことにしました。

青山の家には、初めて描いた春蘭の絵が飾ってあります…。

〜線は、僕を描くの最終回ネタバレここまで〜

以上が「線は、僕を描く」の最終回(最終話)ネタバレです。

 

【漫画】線は、僕を描くの最終回4巻を無料で読む方法

「線は、僕を描く」の単行本は全4巻となっています。

先ほどは「線は、僕を描く」の最終回(最終話)のネタバレをご紹介してきました。

とはいえ、最終回(最終話)を読むなら、イラスト付きの漫画の方が何倍も楽しめます。

そこで活用したいサービスが「U-NEXT(ユーネクスト)」です。

U-NEXTは無料会員登録するだけで600円分のポイントをもらえます。

さらに、31日間の無料お試し期間もあります。

お試し期間中に解約すれば、費用は一切かかりません。

なので、「線は、僕を描く」の最終回4巻を読んでみたいという方は、この機会にU-NEXTを活用してください。

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTで線は、僕を描くを無料で読む

 

【漫画】線は、僕を描くの最終回巻を読んだ感想

 

【漫画】線は、僕を描くの最終回4巻のネタバレと感想まとめ

単行本全4巻、話数全32話で完結した漫画「線は、僕を描く」の最終4巻を無料で読む方法をご紹介しました。

傑作小説を原作とした本作は、両親を喪った悲しみを見つめ続けた青年青山が水墨に出会い、美しい姉弟子千瑛と湖山賞を巡って切磋琢磨していく1年間の物語でした。

水墨や出会った人々を通して青山は前を向くようになり、最終話で青山と千瑛は二人揃って受賞するという結末になりました。

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTで線は、僕を描くを無料で読む

話題の漫画のネタバレ一覧

悪魔だった君たちへ
 
俺だけレベルアップな件
 
快楽殺人姫
 
カラミざかり
 
鬼獄の夜
 
けだものたちの時間
 
社畜と少女の1800日
 
JKハルは異世界で娼婦になった
 
社内探偵
 
獣人さんとお花ちゃん
 
親友は悪女
 
爪痕-それでも結婚、続けますか-
 
盗掘王
 
revenge~替え玉婚~
 

20年夏アニメの原作漫画を無料で読む方法

炎炎ノ消防隊
 
ダンまち
 
魔王学院の不適合者
 
魔法科高校の劣等生 来訪者編
 

20年春アニメの原作漫画を無料で読む方法

アルテ
 
イエスタデイをうたって
 
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった
 
オリンピア・キュクロス
 
かくしごと
 
かぐや様は告らせたい
 
ギャルと恐竜
 
グレイプニル
 
邪神ちゃんドロップキック
 
食戟のソーマ
 
球詠
 
つぐもも
 
波よ聞いてくれ
 
八男って、それはないでしょう!
 
フルーツバスケット
 
放課後ていぼう日誌
 
無限の住人
 
メジャーセカンド
 
本好きの下剋上
 
俺ガイル
 

話題の人気漫画を無料で読む方法

宇宙兄弟
 
ガイシューイッショク
 
鬼滅の刃
 
虚構推理
 
キングダム
 
五等分の花嫁
 
ゴールデンカムイ
 
終末のハーレム
 
終末のワルキューレ
 
SHIROBAKO
 
スラムダンク
 
その着せ替え人形は恋をする
 
出会って5秒でバトル
 
デスノート
 
転生したらスライムだった件
 
東京卍リベンジャーズ
 
ドメスティックな彼女
 
七つの大罪
 
ハリガネサービス
 
ハリガネサービスACE
 
HUNTER×HUNTER
 
バガボンド
 
僕のヒーローアカデミア
 
MAJOR(メジャー)
 
約束のネバーランド
 
ランウェイで笑って
 
Re:ゼロから始める異世界生活
 
ヲタクに恋は難しい
 

続きを読みたい漫画を50音で検索

最終回が気になる漫画を50音で検索