【漫画】俺だけレベルアップな件1話から最新話(48話)までのネタバレまとめ

ピッコマにて連載中の漫画「俺だけレベルアップな件

毎週金曜日に最新話が更新され、現時点では48話まで更新されています。

ここでは、俺だけレベルアップの1話から最新話(48話)までのネタバレを紹介していきます!

※11月15日(金)
第48話のネタバレを追記しました
▶▶俺だけレベルアップな件の最新話(48話)のネタバレ

【漫画】俺だけレベルアップな件のあらすじ

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。

ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。

しかし全てのハンターが強者とは限らない。

人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。

ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。

「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!?

「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!?

果たして「旬」ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!!

 

【漫画】俺だけレベルアップな件のネタバレまとめ

ここでは各エピソードごとのネタバレを、まとめてご紹介していきます。

おおよそ4〜5話程度でエピソードに区切りがつく形です。

E級ハンター・人類最弱兵器の旬がレベルアップしていく様子は爽快感満載!

ただ、グロくてえげつないシーンも多いので、その辺はご注意ください。
(普通に人が殺されたりします)

では早速、ネタバレをまとめて見ていきましょう!

1話〜5話:二重ダンジョン

主人公・水篠旬(みずしのしゅん)はE級ハンター。

ハンター協会に属するハンターの中で、最下級&最弱のハンターです。

母親の病院代を賄うために、旬はハンターになりました。

そして、今日も仕事に就こうとした時、一人の男が声を上げました。

その男の名前は馬渕

満場一致で賛成となり、馬渕がリーダーを務めることに。

ただ…

今回挑むのは、E級の旬にとって格上のD級ダンジョン。

とはいえ、メンバーたちの活躍によって、順調に仕事は進みます。ー。

すると、ダンジョンの奥にもう一つの入り口を発見。

【二重ダンジョン】

奥にはゲートがあり、ダンジョンのボスを倒さないとゲートが閉じられないとのこと。

多数決の結果、メンバーたちはボスの討伐に向かいました。

ですが突然、扉が閉まり閉じ込められてしまいました。

そして、メンバーの1人が扉を開けようとしたところ…

なんと、石像の1体が動き出し、そのメンバーを倒してしまいます。

立て続けに攻撃されるものの、旬の「伏せて」という声のおかげで間一髪、攻撃を避けることができました。
が…

リーダー・馬渕は腕に攻撃を喰らってしまい、左腕がもげてしまいます。

さらに…

このダンジョンのボスはS級。

果たして旬たちはどうやってこの苦境を乗り切るのでしょうか…?

6話〜10話:シークレットクエスト

S級のボスの攻撃には規則性があり、このダンジョンにはルールがありました。

それが「カルテノン神殿の掟」

この掟を守ることで攻撃を避けることが出来るのですが…

答えに辿り着くまでに、何人ものメンバーが倒されてしまいました。

絶望的なピンチの中、旬はバツグンの閃きを見せて答えを出していくものの、旬自身も重傷を負ってしまいます。

なんとか2つ目の掟までは答えを出すことに成功。

そして最後の「神を信仰せよ」

どうやら、生贄を差し出さなければならないようです。

リーダーである馬渕が責任を取ろうとしたものの、旬がなんとか生贄を出さずに済む方法を見つけ出そうとします。

祭壇のうえに登ったメンバーたち。

すると、周りに炎が灯され、石像たちが動いて近づいてきました。

石像がら目を離すなと、旬がとっさにアドバイスを発するものの、メンバーの1人は耐えきれず走り去ってしまいました。

するとそのまま扉から出ていき、ダンジョンから脱出することに成功。

その後も続々とメンバーが脱出していき…

結局、旬が1人でダンジョンに残ることになりました。

祭壇のうえで死を覚悟する旬。

すると突然、シークレットクエストをクリアしたというお知らせが表示。

旬はプレイヤーを引き受けることを承諾したのですが、承諾した途端に目の前がパアッっと明るくなり…

目を覚ますと病院のベッドの上にいました。

するとそこに、黒服を着た”日本ハンター協会監視課”の2人がやってきました。

旬は覚醒後の覚醒(再覚醒)をしたのでは?という疑いがあったからです。

そこで、ハンター協会の2人は旬の魔力測定をしたのですが…

数値は10。

E級の平均値でる70にすら達していませんでした。

11話〜15話:インスタンスダンジョン

旬にしか見えていない「お知らせ」の情報。

新たなクエスト”強者を目指して”が課せられたものの、旬はこれを無視。

すると…

ペナルティークエストが課せられてしまいました。

いきなりの出来事でしたが、なんとか4時間、超巨大毒蜘蛛から逃げ切ることに成功。

すると再び、世界は病室へと戻りました。

それからというもの旬は日々、クエスト”強者を目指して”に励みました。

そしてとある日。

インスタンスダンジョン(一時的に生成されるダンジョン)に潜ることに。

1人でのクエストに不安を覚えたものの、日々の鍛錬によって旬のステータスははるかにアップしていました。

以前の旬なら倒せなかった狼(剛鉄牙のライカン)ですら倒すことに成功。

結果、30匹以上のライカンを倒した旬。

[狼虐殺者]の称号や帰還石をゲットしました。

帰還石を戻れば脱出できるものの、このチャンスを逃すまいと旬は、さらにダンジョンの奥へと進んでいきました。

16話〜19話:新たなギルドに参加

インスタンスダンジョンのボス「沼の主 青毒牙カサカ」と対峙した旬。

使っていた武器はもうボロボロで、まともに戦う術がありませんでした。

ですが、日々のクエスト”強者を目指して”で鍛えたステータスのおかげもあり、素手でカサカを倒すことに成功。

そして報酬として「カサカの毒」と「カサカの毒牙」をゲットします。

その後、日常の世界に戻るのですが…

そこにはモンスターたちが暴れた形跡が。

ゲートが開いたせいで、モンスターが外に出てきたようです。

E級・D級のハンターたちがボスと戦っているものの、なかなか倒しきれません。

野次馬と一緒に様子を見ていた旬は、ボスがD級であることを判断すると、すぐに戦闘に参戦。

ただ、旬は一撃を入れただけで、その場から離脱。

あとの止めは他のメンバーに任せたのです。

旬のレベルはいつの間にか18になっており、ステータスだけでなく身体にも大きな成長が現れていました。

そして後日。

旬は新たなギルドに参加することに。

そのギルドでは右京隼人(うきょうはやと)という男がリーダーのよう。

ヒーラーが1人もいない攻撃隊。

果たして無事に乗り切ることが出来るのでしょうか…?

20話〜24話:緊急クエスト

C級ダンジョンへと潜っていく旬と隼人たち。

灯りが一つもなく、あたりは真っ暗。

ですが、旬が感覚能力を発揮し、近くにモンスターがいると告げました。

ギルドのメンバーたちは抜群の連携を見せ、モンスターを倒していくものの、旬は連携の粗さを感じ取っていました。

さらに…

ギルドメンバーの表情が変わったことにも気づきます。

どうやら、旬や諸菱をターゲットにしている様子。

不吉な予感を抱きながら、ギルドに同行していく旬。

ダンジョンの奥へと進んでいくと、ボスの部屋にたどり着きました。

そこには現金換算で1億円を有に超える額のマナ石が。

ボスがまだ眠っていることもあり隼人は、旬と諸菱をのこして採掘装備を取りに戻りました。

そしてそのまま、旬たちを部屋に閉じ込めてしまいました。

なんと隼人たちのギルドは、日常的に犯罪を繰り返しているメンバーだったのです。

通称:トカゲ

トカゲが尻尾を切り落として逃げるかのように、旬や諸菱のような使えないメンバーを切り捨てているのです。

ですが旬は、物怖じすることなく、1人でボス蜘蛛に向かっていきました。

そして、カサカの毒牙で蜘蛛の目を貫き、見事ダンジョンの主を倒したのでした。

ただ、旬に突然、緊急ミッションが課せられました。

隼人たちギルドメンバーが敵として認定され、彼ら全員を倒さないと旬の心臓が止まってしまうとのこと。

旬は緊急クエストに従い、隼人たちを倒しにかかります。

25話〜29話:S級ダンジョン 悪魔の城

なんとか緊急クエストをクリアした旬。

ただ、このことをキッカケに旬は、再びハンター協会から疑いを目をかけられるのでした。

後日。

旬は諸菱から攻撃隊への参加を打診されました。

諸菱はギルドマスターになり、会社の利益を生み出すための活動をしたいと考えていました。

はじめは拒んだものの、報酬を目にして参加することを決意した様子。

一方その頃。

右京隼人の弟・右京将人(うきょうまさと・S級ハンター)のもとに、隼人が殺された旨が伝えられました。

将人は旬と諸菱をマークすることに。

場面は旬の日常に戻ります。

普段の倍のデイリークエストをクリアした旬は、入手難易度S級アイテム「悪魔の城の鍵」をゲット。

そしてそれを使い、S級ダンジョンに潜りました。

するとそこには、地獄の門番 ケルベロスが。

力試しをしたい・もっとレベルアップしたいという一心でケルベロスに挑みます。

称号(狼虐殺者)やスキルの効果をもってしても、ケルベロスにはダメージを与えられません。

ですが、間一髪のところでケルベロスを倒すことに成功。

そして後日。

旬は街で馬渕と遭遇。

馬渕も旬と同様、ハンター協会に呼ばれた様子。

集合場所に到着するとそこには、観月や真島など、あの日のメンバーが集結していました。

どうやら今回は、服役中の犯罪者たちとレイドに参加するとのこと。

さらに、ハンター協会監視課・道門(みちかど)も参加することになりました。

30話〜35話:諸菱の攻撃隊に参加

分かれ道があったこともあり、メンバーは3グループに分かれて進むことに。

真島たちが奥に進んでいくとそこには、服役者たちを虐殺している道門の姿が。

あまりの残酷さに悲鳴をあげる真島たち。

それを聞いた旬・馬渕・観月は、道を引き返し真島たちのもとへ。

ですが、時既に遅し。

道門の手によって、真島たちも殺されていたのです。

これに憤怒したのが馬渕。

馬渕は観月に肉体強化の魔法をかけてもらい、道門に挑みました。

ただ、一か八かの攻撃を当てることが出来ず万事休す。

道門が止めの一撃を出そうとした時、旬が道門の攻撃を振り払いました。

そして、能力をフルに発揮し、道門と互角の戦闘を繰り広げます。

ですがここで、緊急クエストが発生。

旬は何が何でも道門を倒さなければなりませんでした。

道門はスキル「隠密」を発動し、姿を消しながら旬に襲いかかってきます。

ただ、旬は道門の殺気を瞬時に感じ取り、すべての攻撃を防御。

そして…

道門に一撃を入れ、結果的には旬がほぼ圧勝。

その後、旬は馬渕と観月の2人を先に脱出させ、1人でダンジョンぼ主であるホブゴブリンを倒しました。

後日。

旬は諸菱に呼ばれ、とある場所に集合。

そこには諸菱が集めた攻撃隊のメンバーがいました。

ですが、どこからどう見ても問題がありそうなメンバー。

怪我人・アル中・未成年の高校生など。

とはいえ、ダンジョンに潜るのは旬と諸菱の2人だけ。

他の数合わせメンバーはダンジョンの外で待っているだけという契約でした。

ただ、このことがトラブルの引き金になるのでした。

36話〜40話:転職クエスト

「白虎ギルド」では、旬と諸菱のことが徹底的に調べられています。

そして、旬が”再覚醒者”であることが確定的になりました。

一方その頃。

旬たちはラクラクとダンジョンをクリアしていきます。

その後、レベル40に達した時「転職クエスト」が発生。

職業が”なし”になっていた旬は、転職クエストを受けることに…。

ダンジョンから外に出ると、そこには白虎ギルド第二管理課 課長・宍戸耕史郎が待っていました。

宍戸は諸菱建設(諸菱の父が社長を務める会社)の二倍の報酬を出すから、白虎ギルドに来てくれないか?とスカウトを提示。

ですが…

諸菱との契約額は30億円。

それを聞いた宍戸は、この場でのスカウト契約が出来ませんでした。

ただ、旬と宍戸は”旬が覚醒者であることを周りに口外しない”という条件のもと、契約を結びました。

その後…

旬は転職クエストにチャレンジすることに。

ガードが硬い敵に加え、道具などの使用が禁止になっているダンジョン。

さらには隠密スキルや閃光魔法を使う敵も出現し、思った以上の苦戦を強いられます。

そして、ようやくボスが待つ部屋に到着。

待ち構えていたボスは騎士団長 紅血のイグリット。

二重ダンジョンのボスと同じ強さを誇ります。

スキルをフルに使って立ち向かうものの、旬のダメージは蓄積する一方。

ついには玉座に倒れ込んでしまいます。

イグリットから止めの一撃を喰らいそうになったその時、旬は蝶剣を手で受け止め奪い取り、それをイグリットの左目に突き刺しました。

そして、自分の短剣も追撃で突き刺します。

さらにはスキル「急所突き」も発動。

旬はなんとか、イグリットを倒すことに成功しました。

ただ…クエストはまだ終わっていなかったのです。

41話〜44話:転職クエスト2

これかが転職クエスト本番。

無制限に敵が湧いてきて、どれだけ長く戦えるか?にとってポイントが付与されるシステム。

旬は隠密や殺気のスキルを使い、交戦時間を稼ぎます。

ただ、あまりの敵の多さに帰還石を使って脱出を試みることに。

ですが…

腕に攻撃を喰らってしまい、帰還石を使うことができませんでした。

これをキッカケにスイッチが入った旬。

弱い自分、そしてそんな自分に嫌味を言ってきたハンターたちを見返すかのように、攻撃を繰り出します。

そんな中、脳内で旬に忠告をする男性が。

それは、レベルアップする前の旬だったのです。

かつての旬は今の旬を見て、変貌ぶりに驚いています。

ただ、変わったのは表面上だけで、中身は昔と変わらないとツッコみました。

そんなはずはないと抗おうとするものの、敵に倒されそうになる旬。

ですが…

ここでなんと、デイリークエスト未達成のペナルティが発動。

そして、ペナルティゾーンへと飛ばされてしまいました。

このおかげで旬は、なんとか一命を取り留めました。

さらに、ペナルティゾーンでムカデたちを倒し、無事にペナルティクエストもクリアするのでした。

そして、これまで貯めたゴールドを利用し、強力な武器「ナイトキラー」を購入。

ナイトキラーは重い鎧をまとった敵に対するダメージがアップする効果付き。

ペナルティクエストの制限時間が終わると、旬は再び転職サイトのダンジョンに戻されました。

数えきれないほどの敵がいたものの、強力な武器とレベルアップのおかげで、1体ずつ確実に倒していきます。

ですが、本当の敵は鎧たちではなく「魔法使い」

魔法使いを全滅させないと、ダンジョンクリアにはならないようです。

残る魔法使いはあと5体。

旬はスキル”支配者の手”を使い、魔法使いを1体…2体と撃破。

さらに鎧たちも次々倒していくのですが…

少し油断したスキに、後ろから一突きされてしまいます。

その後、鎧たちは3体がかりで強い1体を作り「ゴーレム」になり、旬に襲いかかってきました。

ただその影響で、敵の数が激減。

このタイミングを見計らい旬は、残りの魔法使いを一瞬にして撃破。

旬は見事、転職クエストをクリア。

そして、転職クエストの活躍やポイントによって、旬に適した職業が案内に表示されました。

果たして旬に与えられた職業とは…?

45話〜48話

旬に与えられた職業は「ネクロマンサー

ただ旬は疑問を抱いていました。

使ってきた武器は短剣ばかり、身につけてきたスキルは暗殺者系ばかり。にも関わらずこんな職業が選ばたのはなぜなのか?と。

また、白虎ギルドのS級マスター「白川大虎(しらかわたいが)」は、魔獣に変身できる特殊な力を持っているという噂がありました。

職業体験できれば…と悩む旬でしたが、その間に”二次転職(上位職へのクラスアップ)”が行われました。

二次転職で旬に選ばれた職業は「影の君主

影の君主は「影の抽出」というスキルを使い、死体から霊を召喚し従わせることができます。

旬は影の抽出を使い、なんとイグリットを従わせることに成功しました。

後日。

ダンジョンから戻った旬は、ぐったりと眠っています。

そんな時、妹から電話が。

どうやら今日は、妹・葵の保護者懇談会がある様子。

その前に旬は銀行に行き、デビットカードの作成と記帳を行うことに。

旬の通帳を見た行員は驚きの表情を見せます。

というのも、旬の貯金額が1億4千万もあったから。

行員のセールストークを適当にあしらい、葵が通う高校に向かいました。

旬は生徒から注目の的。

貧弱だったころとは比べ物になりません。

その後、妹の担任と話をするのですが…

葵の友だちである「朝比奈りん」に、卒業だけはして欲しいと説得を頼まれます。

りんは覚醒者判定を受けたため、退学を検討しているとのこと。

ただ、りんはE級ハンター。

「ハンターで食べていくのは厳しい」と判断した旬は、りんを説得することに承諾。

その後、アパートの出入り口でりんと対面するのですが…

なんとりんは、以前面識のある女の子だったのです。

りんは学校に行く気はない、E級であろうとハンターをやめる気はない、と言います。

そんなりんに対して説得を試みる旬でしたが、同じE級ということもあり、なかなか言うことを聞いてくれません。

そこで旬は、現実の残酷さを痛感させるため、りんとハンターとして育てることに。

一方そのころ。

S級ハンター・右京将人が日本に訪れていました。

彼の目的は、旬と諸菱に会うこと。

そして場面は、旬とりんのところに変わります。

旬とりんは、白虎ギルド第二管理課課長・宍戸耕史朗、課長代理・吉田恭平のもとに来ていました。

旬はりんに新入りハンターの職場見学をさせようとしていたのです。

この日はC級のゲートが開かれています。

ただ、A級ハンターの新人・上原悠真は、少し不満そうな様子。

遊び目的で見学にくるな、という感じの表情を見せます。

C級ゲートにA級ハンターがいるのは違和感がありますが、いくらA級でも新人は新人。

ダンジョンに慣れるためにも、自分のランクより下のダンジョンに入ることに。

そしていよいよ、旬とりんも同行してゲートに向かうのですが…

なんと、そのゲートはレッドゲートだったのです。

詳細はまだ明らかになっていないものの、とてつもなく危険なゲートのようです。

宍戸は急遽、白虎ギルドの社長でありS旧ハンターの白川大虎に連絡をしました。

〜ここから最新話(48話)のネタバレになります〜

右京将人は、ハンター協会・犬飼課長が運転する車の後部座席に乗り、兄の葬儀ではなくダンジョンに向かいます。

無数にあるダンジョンの中から、旬がいるダンジョンを一瞬にして把握。

大虎は監視課に圧力をかけ、ダンジョン内で旬たちを埋葬する気でいました。

一方その頃。

旬たちは雪が降りしきるダンジョンに迷い込んでいます。

旬の推測によると、迷い込んだのは”異世界に通ずるゲート”

パニックに陥るメンバーたち。

すると、木の上にいる何者かに襲撃を受けます。

その相手はアイスエルフ。

別名・白鬼(びゃっき)

一度でもアイスエルフと戦ったことがあるメンバーは、白鬼と呼ぶのです。

場面は切り替わり、ゲートの外へ。

白虎ギルドの社長・白川大虎は協会側の対応を疑っていました。

というのも、レッドゲートは本来、上級ダンジョンでしか開かれないから。

ゲートの向こうに広がるダンジョンは、最低でもB級〜運が悪ければA級以上もありうる、と推測していました。

もしかしたらメンバー全滅…という可能性すら考えています。

そんな中、宍戸が旬の存在を大虎に伝えました。

とはいえ、旬のランクはE級。

不安が残るところですが、その頃旬は白鬼と対峙。

そして、白鬼から挑発されるのでした。

【漫画】俺だけレベルアップな件の単行本1巻はいつ発売?

※追記
現在Amazonにて「俺だけレベルアップな件」1巻の予約が行われています。気になる発売日は2019年12月21日Amazonの予約ページはこちらから確認できますよ(^^)
▶俺だけレベルアップな件 1巻の予約ページ(Amazon)

今のところ「俺だけレベルアップな件」は、ピッコマでのみ配信されています。

単行本はまだ発売されていません。

1巻はいつ発売されるのか?気になるところですが…

現時点では1巻の発売日が公表されていません。

1巻の発売日が分かり次第、情報を更新していきますので、今しばらくお待ち下さい(_)

※俺だけレベルアップな件 1巻の発売予定日は2019年12月21日です。現在Amazonにて予約受付中です♪

Amazonの予約ページはこちらから確認できますよ(^^)
▶俺だけレベルアップな件 1巻の予約ページ(Amazon)

【漫画】俺だけレベルアップな件の配信日時はいつ?

漫画「俺だけレベルアップな件」は、毎週金曜日に最新話が更新されます。

現時点ではピッコマのみで独占配信中。

無料・有料のコンテンツがありますが、24時間のチャージを行えば、1日1話ずつ無料で「俺だけレベルアップな件」を読むことができます。

24時間待てない場合は60ポイント消費することで、俺だけレベルアップな件の最新話を読むことができますよ(^^)

【漫画】俺だけレベルアップな件のあらすじとネタバレまとめ

ピッコマにて連載中の漫画「俺だけレベルアップな件」

単行本はまだ未発売ですが、ピッコマでの人気ランキングで上位なので、いつ単行本が発売されてもおかしくありません。

ピッコマでは毎週金曜日に最新話が更新されるので、ぜひチェックしておきましょう!