【漫画】のだめカンタービレの最終回ネタバレと無料で読む方法を紹介

のだめカンタービレは二ノ宮知子さん作の漫画で、2001年から2010年にかけてKissにて連載されていました。

単行本は全25巻、話数は本編が全136話、番外編が全10話となっています。

また漫画だけでなく、アニメや実写化もされています。

ここからはのだめカンタービレのあらすじや最終回(最終話)ネタバレ、無料で読む方法などをご紹介していきます!

ちなみに、無料で読む時はU-NEXTというサービスを活用します。

無料会員登録するだけで600円分のポイントがもらえ、さらに31日間のお試し期間もあるので、実質無料でのだめを読むことができますよ♪

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTでのだめカンタービレを読む

 

【漫画】のだめカンタービレの最終回あらすじ

のだめの最終回(最終話)ネタバレを見ていく前に、まずはストーリーのあらすじをチェック!

のだめのあらすじは下記のようになっています。

野田めぐみ(通称のだめ)は自己管理能力ゼロの音大生。

アパートの隣の部屋に住む千秋真一が酔っぱらってのだめの部屋の前で寝てしまったことから物語は始まります。

翌朝千秋がゴミだらけの部屋で聴いたピアノソナタ「悲愴」は、だらしなくポンコツののだめが弾いているとは思えないほどの天才的な音色でした。

同じピアノ科に属しながらもそれまでは接点のなかった二人ですが、元々「千秋先輩」に憧れを抱いていたのだめにとって、これは運命の出会い。

そして音楽的な才能を持ち、ピアノ奏者としてではなく指揮者として海外で活躍したいという夢を持ちながらも、「飛行機恐怖」であるジレンマを抱えてくすぶっていた千秋にとっても、これは運命の出会いだったのです。

常に予測不可能な行動に出るのだめに翻弄されつつも、音大で出会った様々な変人たちがいるオーケストラで指揮を執ることになり、音楽の素晴らしさや自分が本当にやりたかったことに気付く千秋。

やがて自身の夢やのだめの才能を開花させたいという思いから、二人は日本から飛び出し、ヨーロッパへ向かうのでした。

ヨーロッパでも個性的な人々との出会いがあり、コミュニケーションの難しさや仕事として音楽と向き合うことの苦悩。

個性を殺してピアノに向き合うことで苦しむのだめの姿に、ヨーロッパへ連れてきたのは間違いだったのではないかと悩むなど、千秋の苦労は続きます。

アニメやドラマ、映画にもなったこの物語の最後に待っている結末とは?

以上がのだめのあらすじです!

続いて本題でもある最終回(最終話)のネタバレを見ていきましょう。

【漫画】のだめカンタービレの最終回ネタバレ

「のだめカンタービレ」は25巻まで出ていますが、最後の24,25巻は「アンコールオペラ編」という本編とは別の番外編ですので、本編の最終回について書いていきます。

それではここからは、最終回のネタバレを詳しく見ていきます。

〜のだめカンタービレの最終回ネタバレここから〜

23巻最終話「The Last Lesson」です。

恩師で世界的指揮者のシュトレーゼマンとの共演を大成功に終えたのだめ。

ですが、もうこれ以上の演奏はできないという不安から、千秋の前から姿を消してしまいました。

ただ、のだめを想う千秋の必死の行動により、千秋はのだめを取り戻すことが出来ました。

のだめは留学先のパリの学校に戻り、また勉強とピアノ漬けの日々が始まります。

千秋もオーケストラの指揮者として演奏旅行に出かけるなど、元の忙しい生活に。

けれど今までと違うのは二人が一緒に過ごす時間が増えたこと。

時々のだめの部屋から仕事に出かける千秋を、アパルトマンの住人がからかいます。

その千秋の母親がオーナーのアパルトマンでは留学生の入れ替わりがあり、月日の経過を感じさせます。

一緒に頑張って来た留学生の仲間たちもそれぞれの道に羽ばたいて行き、再会を約束しながらの別れもありました。

世界的指揮者との共演を大成功させたのだめには、密かにファンも増えていて、コンサートに呼ばれるようになります。

ラストシーンは、去年も呼んでもらったブノア家でのサロンコンサート。

そこには18世紀貴族風にコスプレしたのだめが舞台に立ち、それを見つめる千秋の姿が。

「楽しんで弾くので頑張って聞いてくだサイ」

のだめらしい天然の挨拶を聞いて「またそれか」と呆れる千秋のセリフで、長い物語は幕を閉じるのです。

〜のだめカンタービレの最終回ネタバレここまで〜

以上がのだめの最終回(最終話)ネタバレです。

のだめと千秋らしい終わり方になりましたね♪

 

【漫画】のだめカンタービレの最終回を無料で読むなら

単行本が25巻までリリースされていて、さらにはアニメや実写化もされている作品。

先ほどは最終回(23巻収録:The Last Lesson)のネタバレを見てきましたが、文字だけだとシーンがイメージしにくいですよね(^^;)

せっかくならイラスト付きの漫画でじっくり読みたいところ。

そこで活用したいサービスが「U-NEXT」です。

U-NEXTは無料会員登録するだけで600円分のポイントがもらえ、31日間の無料お試し期間もあります。

お試し期間中に解約すれば費用は一切かからず、実質無料でのだめを読むことができますよ♪

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTでのだめカンタービレ

【漫画】のだめカンタービレの最終回を読んだ感想

ヨーロッパに出てからも数々の壁にぶち当たり、そのたびに大きく成長してきたのだめと千秋。

恋愛面では奥手の二人がどうなるのか、最後までやきもきしましたが、無事に結ばれて本当に良かったです。

一緒に頑張って来た個性強めの留学生たちや、千秋のオーケストラのメンバーも最後まで引っ掻き回してくれました。

中でものだめの事が大好きな音楽少年のリュカのせりふが印象的でした。

音楽の為に普通の学校へ通わずに家庭教師と勉強をするリュカにのだめが尋ねます

「リュカは普通の学校へ行きたくなかった?音楽の他にやりたいことってなかった?」

リュカは答えます。

「おじいちゃんが僕の才能は神様がくれたんだから、ちゃんと世の為人の為に使いなさいって言ってたよ!それにまぁ、やっぱ音楽が一番好きだし!」

迷いのないリュカの言葉に、才能を持つ者だけが持ち得る覚悟のようなものを感じて、この物語を引っ張ってきた核のようなものがあると

すればこれなのかな?と思いました。

漫画では伝えきれない「音楽」をアニメ化・ドラマ化することによって伝えたことが大ヒットに繋がったこの作品。

本を開けばいつでも音楽を感じられる、それがこの作品の最大の魅力なのではないでしょうか。

【漫画】のだめカンタービレの最終回を読んだ人たちの感想

【漫画】のだめカンタービレの関連作品をご紹介

のだめカンタービレの関連作品をまとめた表がこちら。

アニメ 第1期
(全23話)
2007年1月〜6月放送
アニメ 第2期
(全11話)
2008年10月〜12月放送
アニメ 第3期
(全11話)
2010年1月〜3月
連続ドラマ
(全11話)
2006年10月〜12月
実写映画
(前編・後編)
前編:2009年12月19日公開
後編:2010年4月17日公開

この他にも韓国でもドラマ化され、KBS 2TVにて2014年10月〜12月まで放送されていました。

また、小説やゲームにもなっています。

それほどの人気作品だったことが伺えますね。

ちなみに、連続ドラマや実写映画についてはU-NEXTで視聴することができます。

漫画とは違った面白さがありますが、のだめと千秋のキャラクターはまさに原作そのものなので、ぜひチェックしてみてください(^^)

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTでのだめカンタービレの動画を見る

まとめ

漫画「のだめカンタービレ」の最終回ネタバレや感想、無料で読む方法などを紹介してきました。

漫画・アニメ・ドラマ、すべてU-NEXTで配信されているのはありがたいです♪

10年ほど前の作品ですが、いつ見ても楽しめること間違いなしですよ(^^)