【漫画】ライアーゲームの最終回ネタバレと無料で読む方法を紹介

漫画「LIAR GAME(ライアーゲーム)」は2005年から2015年にかけて、不定期で週刊ヤングジャンプに連載されていました。

単行本は全19巻、話数は全203話。

漫画のほか、テレビドラマや実写映画化もされ大ヒット!

ここからはライアーゲームのあらすじや最終回のネタバレ、無料で読む方法などを紹介していきます。

ちなみに、無料で読む時はU-NEXTというサービスを活用します。

無料会員登録で600円分のポイントがもらえ、さらに31日間の無料お試し期間もあるので、実質無料で読むことができますよ♪

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTでららいライアーゲームを読む

 

【漫画】LIAR GAME(ライアーゲーム)の最終回あらすじ

最終回(最終話)のネタバレを見ていく前に、まずはライアーゲームのあらすじをチェック!

ライアーゲームのあらすじが下記の通りです。

「ライアーゲーム」とはその名前の通り嘘をつき騙し合うゲームですが、それに巻き込まれるのが主人公のナオ

人が良いナオは騙されるまま、高額な借金を追ってしまいかけるのですが、そこに謎の青年、天才詐欺師・秋山があらわれナオを助けてくれます。

秋山は最初はナオに深く関わるつもりはなかったのですが、ライアーゲームの組織の存在など、秋山もライアーゲームに関わっていくことになります。

以上がライアーゲームのあらすじです!

続いて本題でもある、最終回(最終話)のネタバレを詳しく見ていきましょう。

【漫画】LIAR GAME(ライアーゲーム)の最終回ネタバレ

ライアーゲームの最終巻は19巻、最終話は203話。

約10年に渡って続いてきたストーリーも、いよいよ結末を迎えます。

果たしてどのようなラストを迎えるのか…?

最終回(最終話)のネタバレを見ていきましょう!

〜ライアーゲームの最終回ネタバレここから〜

最終回に至るまで、様々なゲームを乗り越えてきたナオと秋山。

いつもナオは秋山に助けられていましたが、秋山もナオの存在に助けられています。

その度傷ついたりしながらも、ナオも成長していきます。

そして秋山もどんどんナオの影響をうけていくのです。

秋山は天才詐欺師でピンチも切り抜けてしまいます。

そのたびに「俺には必勝法がある」という決め台詞。

このセリフがでればナオは安心できるというのが後半のお約束でした。

人間オークションというゲームを勝ち抜いたメンバーが最後のゲーム「四国志ゲーム」に挑戦することになります。

ヨコヤは三国協定を結び、秋山とナオをおいつめようとしますが、秋山にはお見通しです。

秋山の狙いはこのゲームで勝つことよりも事務局の正体を暴くこと、そしてゲームをできないように潰すこと、でした。

そしてこのゲームで残ったチームが攻撃しあえないようになればゲームができなくなる、と秋山は作戦をおこなっていました。

しかしヨコヤがそのデータを消してしまいゲームは強制終了となりました。

これはつまり事務局が負けたということになります。

ヨコヤがなぜそんなことをしたのか、といえばそこにはナオの存在が有りました。

ヨコヤもまた、まっすぐなナオにであうことで変化していたのです。

そして事務局の正体が明らかになることに、、、。

実は秋山も尊敬する心理学の中でもトップといえる丘辺教授でした。

彼がディーラーだったのです。

秋山がライアーゲームに巻き込まれることになったのは、教授がいたからでした。

詐欺師となってしまった秋山に代わってほしいという気持ちがあったのです。

そのためにはナオも必要な存在だったため、ナオもずっとライアーゲームに巻き込まれていたのです。

そしてなんと、気になる映画監督の正体はナオの父親でした。

ずっと入院中だったのですが、自分が死んでしまった後、ナオが馬鹿正直に人にだまされて、生きていけなくなるのではないか、幸せになれないのではないか、と心配をしていたのです。

強くなってもらうために、という気持ちでした。

そしてそのふたりの想いのとおり、秋山も変化をし、ナオも強くなりました。

ナオは「やっと終わった」と涙をながしているのですが、秋山はそれを見て優しく声をかけ、抱きしめました。

その姿も最初の秋山からは考えられない姿です。

ふたりの関係も一緒に乗り越えてきたことで絆が深まっていましたが、お互いをいとしく思う気持ちも強くなっていったといえるでしょう。

〜ライアーゲームの最終回ネタバレここまで〜

以上がライアーゲームの最終回(最終話)ネタバレです。

冷酷人間だった秋山がナオを抱きしめるなんて…最初は想像もつかなかったですよね!

恋愛関係には発展しなかったものの、2人の間には固い絆が結ばれている様子が伝わってきます(^^)

【漫画】LIAR GAME(ライアーゲーム)の最終回を無料で読む方法

ライアーゲームの単行本は全19巻、話数は全203差となっています。

先ほど最終回(第203話)のネタバレを見てきましたが、文字だけだとシーンがイメージしにくいですよね…。

イラスト付きの漫画で読んでこそ、ライアーゲームは面白い作品です。

そこで活用したいサービスがU-NEXTです。

U-NEXTは無料会員登録するだけで600円分のポイントがもらえ、さらに31日間のお試し期間があります。

期間中に解約すれば費用は一切かからないので、実質無料でライアーゲームを読むことができますよ♪

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTでライアーゲームを読む

【漫画】LIAR GAME(ライアーゲーム)の最終回を読んだ感想

ゲームの度に手に汗握る展開だったライアーゲーム。

どうやってこのゲームを乗り切るのか、と一緒に考えてもわからず悩む人も多かったでしょう。

秋山の天才さには驚きですが、その立ち居振る舞いや決め台詞にも「かっこいい」と思う人も多かったはず。

そしてナオの天真爛漫さ、途中で変わってしまったようなナオもいましたが、強くなりましたがそれでも本来のナオの良さは全く失っていません。

その存在でどんどん変化していく秋山に、二人の間の絆や信頼をどんどん感じるようになりました。

恐ろしいゲームでしたが、そのゲームの発端は親心。

そう思うと、伏線もたくさん隠されていたなと後から気付かされました。

何度も読み返したくなるような作品になっています。

【漫画】LIAR GAME(ライアーゲーム)の最終回を読んだ人たちの感想

【漫画】LIAR GAME(ライアーゲーム)の関連作品をご紹介

ライアーゲームの関連作品をまとめた表がこちら。

ドラマ 第1期
(Season1)
2007年放送
ドラマ 第2期
(Season2)
2010年放送
実写映画
「ザ・ファイナルステージ」
2010年3月6日公開
実写映画
「再生」
2012年3月3日公開

ライアーゲームは2007年に連続ドラマ化されました。

深夜枠だったのですが、かなり人気がでて最終回はなんど総集編とあわせた3時間スペシャルとなりました。

とても人気があったのでシーズン2が2009年、そして2010年に決勝戦ファイナルで映画化されました。

2012年にはヒロインが変わり、秋山以外のキャストも変わってしまったものの。映画版2作目として「ライアーゲーム-再生-」も映画化されたのです、

最初からずっとヒロインだった戸田さんが変わってしまったのには不満の声もあったようでしたが、また違う物語として楽しめる作品となっています。

原作とは若干の違いもありながらも同じゲームも登場し、原作どおりの個性的なキャラクターもたくさん出てくる面白い場面も見どころのひとつとなっています。

ちなみに、テレビドラマや実写映画は「FOD」にて配信されています。

FODは1ヶ月間の無料お試し期間があるので、実質無料でライアーゲームを見ることができますよ♪

↓1ヶ月間無料お試し期間あり↓ FODでライアーゲームの動画を見る

まとめ

漫画「ライアーゲーム」の最終回ネタバレや感想、無料で読む方法などを紹介してきました。

テレビドラマや映画を先に見た人も多いですが、漫画じゃないと本当の結末を知ることができません。

ライアーゲームの漫画(単行本)はU-NEXTで読めるので、最終回が気になる方はぜひチェックしてみてください(^^)