【漫画】ヒカルの碁の最終回ネタバレや佐為が消えた後の結末を紹介

週刊少年ジャンプで連載されていた、原作ほったゆみ×マンガ小畑健の「ヒカルの碁」

漫画だけでなくTVアニメや小説にもなっている人気作品です。

囲碁というマイナーな文化を取り扱っている漫画ですが、物語の面白さはバツグンです!

ここからはヒカルの碁の最終回のネタバレや読んだ感想、無料で読む方法などを紹介していきます。

ちなみに、無料で読む時は「U-NEXT」というサービスを活用します。

U-NEXTは無料会員登録で600ポイント&31日間のお試し期間キャンペーンがあるので、ぜひ活用してください♪

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTでヒカルの碁を読む

 

【漫画】ヒカルの碁の最終回あらすじ

最終回(最終話)のネタバレを見ていく前に、まずは作品のあらすじを見ていきます。

ヒカルの碁のあらすじが下記の通りです。

ヒカルの碁の主人公は、小学生の新藤ヒカルです。物語が進むにつれて中学校へと進学します。

おじいちゃんが碁を好きなため、碁の存在は知っているものの、ルールも何も知りません。

しかしヒカルのもとへ、平安時代に天才棋士であった藤原佐為が霊となって現れます。

碁が大好きな佐為のために、ヒカルは碁を打ちはじめます。

佐為のために碁を打つと決めたものの、ルールを知たなければうつこともできないため、ヒカルもルールを覚えることにします。

指導者となった佐為の腕まが抜群なので、どんどんルールを覚えていくヒカル。

次第に楽しさを覚えていき、そして「自分で打ちたい」と思うように。

佐為は碁が大好きなので自分が打ちたいものの、ヒカルの体を借りてしか打てません。

打てば打つほど楽しくなっていき、ヒカルは碁の世界に挑戦していきたいと思うようになります。

しかし佐為の不満はたまる一方。

そのためネット碁で「sai」というハンドルネームを用い、佐為に好きなだけ碁を打たせることにしたヒカルでしたが…

やはりその強さからハンドルネーム「sai」は、日本だけではなく世界からも注目されはじめます。

そのため佐為が打つことはかなり少なくなっていき、ふたりが揉めるシーンもありました。

一方でどんどん強くなるヒカルは、プロとして活躍するようになります。

以上がヒカルの碁のおおまかなあらすじです。

続いて本題でもある、最終回(最終話)のネタバレを見ていきましょう!

【漫画】ヒカルの碁の最終回ネタバレ

ヒカルの碁の最終回(最終話)のネタバレが次の通りです。

〜最終回ネタバレここから〜

最終回、北斗杯という国際大会に日本代表として出場したヒカル。

大将戦はヒカルとコ・ヨンハの対決でした。

実は最終回になる前に、ヒカルはすでに佐為と別れています。

佐為がいなくなった事で、一度は碁の世界から離れようとしたヒカルでしたが、佐為の想いや一緒に歩んできた道を思い、また戻ったのです。

そしてコ・ヨンハはスピーチで佐為をバカにするような発言をします。

そのためヒカルは絶対に倒してやる、という気持ちで大将になることをお願いし、挑んだのです。

結果的にコ・ヨンハの発言は誤解ではあったのですが、ヒカルは知らないのでコ・ヨンハへ憎しみのような気持ちをもっています。

日本をバカにするなというような気持ちもあり、ネットで中継もおこなわれているのですが、そこでも国をあげた対決のように扱われます。

しかし結果は、ヒカルは僅差で撒けてしまいます。自分の力不足をヒカルは悔やみます。

しかしずっとライバルであり、チームメイトとして戦っているアキラから声をかけられます。

「これで終わりじゃない。終わりなどない。」と告げられ、ヒカルも目が覚めたかのようになります。

碁の世界は奥深く、一生学びながらつづけていくものです。

日本は最下位となってしまいましたが、その対決が話題となり来年も開催される事となりました。

碁の世界を広げることにヒカルとアキラは役立てたのです。

そのあと、ヒカルとアキラは若手プロの公式戦で戦う事になります。

〜最終回ネタバレここまで〜

以上がヒカルの碁の最終回(最終話)のネタバレです!

決着が付く前に結末を迎えた形。

ヒカルとアキラ、どちらが勝つのか?結末が気になるところですが、読者さん同士で議論できる楽しみがありますね♪

【漫画】ヒカルの碁を無料で読むなら

ヒカルの碁の最終回(最終話)のネタバレを紹介してきましたが、文字だとどうしてもシーンがイメージしにくいですよね(^^;)

最終回を読むならイラスト付きの漫画の方が、何倍も楽しめます。

そこで活用したいサービスが「U-NEXT(ユーネクスト)」です。

U-NEXTは無料会員するだけで600円分のポイントをもらえます。さらに、31日間の無料お試し期間もあります。

お試し期間中に解約すれば、費用は一切かかりません♪

なので、ヒカルの碁を読んでみたいという方は、この機会にU-NEXTを活用してください(^^)

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTでヒカルの碁を読む

【漫画】ヒカルの碁の最終回を読んだ感想

この戦いの結果は描かれていませんが、ヒカルが勝ちそうな気配がありました。

碁を知っている人は少なくなりましたが、主人公のヒカルも碁を知らず佐為に教えてもらうため、読みながら碁のルールを覚えられるようになりました。

自分でも思わずやってみたいと思うように。

白と黒で簡単そうに見えて、かなり奥深い世界が碁の世界です。

また登場人物もとても魅力的で、ヒカルのまわりには様々なライバルがあらわれますが、そのライバルたちとの出会いで成長していくヒカル、そしてヒカルとのかかわり合いで変化していくアキラの心情も魅力的です。

碁を知らない人でも必ず楽しめる、対決だけではない人間的な成長を見ることの出来る漫画になっています。

真剣なシーンばかりではなく、面白いシーンもたくさんあるので、さくさくと読み進められ夢中になってしまうはずです。

【漫画】ヒカルの碁の最終回を読んだ人たちの感想

【漫画】ヒカルの碁の関連作品をご紹介

ヒカルの碁は2001年にアニメ化されています。

原作を忠実に再現したこと、そして本編のあとに碁の解説をするミニコーナーがあり、その解説もとてもわかりやすかったため、小学生の間で碁がブームにもなりました。

幅広い年代の人が、頭をつかってできるゲームであり、親も「賢くなる」という理由から碁を始めることには賛成していたようです。

そしてゲームでもゲームボーイアドバンス、プレイステーション、ニンテンドーDSなどたくさんのハードでソフトが発売されました。

ヒカルの碁で碁を知り、やりたくなったもののあまり周りにできる人がいない、という人もゲームで楽しんだようです。

他には小説も2002年、2003年に2作品発売されています。

ヒカルの碁は長編作品だったため、様々なメディアミックスがされ、そのどれもが人気を博したのでしょう。

ちなみに、アニメ版のヒカルの碁についてもU-NEXTで見ることができますよ♪

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTでヒカルの碁のアニメを見る

まとめ

漫画「ヒカルの碁」の最終回ネタバレや読んだ感想、無料で読む方法などを紹介してきました。

漫画だけでなくアニメや小説でも楽しめる作品で、連載終了から15年以上経つ今でも高い人気を得ています。

囲碁を知らなくてもハマれる内容になっているので、ぜひチェックしてみてください♪