【漫画】彼岸島の最終回ネタバレと感想や無料で読む方法を紹介

松本光司さん作の漫画「彼岸島」は、2002年から2010年にかけて週刊ヤングマガジンに連載されていました。

単行本は全33巻。

本編のほか、続編である「最後の47日間」や「48日後…」もあります。

また、2010年・2016年には実写映画化もされるなど、人気ぶりが伺えます。

ここからは、彼岸島のあらすじや最終回のネタバレ、無料で読む方法などを紹介していきます!

ちなみに、無料で読む時はU-NEXTというサービスを利用します。

無料会員登録するだけで600円分のポイントがもらえ、さらには31日間のお試し期間があるので、実質無料で彼岸島を読むことができますよ♪

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTで彼岸島を読む

【漫画】彼岸島の最終回あらすじ

最終回(最終話)のネタバレを見ていく前に、まずは彼岸島のあらすじをチェック!

彼岸島のあらすじが下記の通りです。

日本のどこかに存在する小さな島。名を「彼岸島」といいます。

吸血鬼たちの住処である彼岸島に連れてこられた宮本昭は、行方不明になっていた兄と再会します。

婚約者を失う原因となった吸血鬼の親玉「」を殺す事を切望する兄・と共に明は吸血鬼たちとの戦いに挑んでいくことに…。

雅の居城である五重の塔の最上階へとついに辿りついた明は、吸血鬼でありながら明の手助けをしてくれる「隊長」という老吸血鬼の

見守る中、雅の不死性を奪う五〇一ワクチンを雅の体内に打ち込む事に成功するのでした。

以上が彼岸島のあらすじになっています!

続いて本題でもある、最終回(最終話)のネタバレを詳しく見ていきます。

【漫画】彼岸島の最終回ネタバレ

彼岸島の単行本は全33巻となっています。33巻に最終話が収録されています。

では、最終話ではどのような結末を迎えるのじゃ…?

早速ネタバレを見ていきましょう!

〜彼岸島の最終回ネタバレここから〜

雅を追い詰めたかに見えたが、思わぬ乱入者「チワワ様」によって形勢逆転されてしまった明。

「今は見逃してやる」と言われて顔に大きな傷を付けられ、生かして返されます。

仲間たちが駆けつけて傷の手当てを受けるものの、そこに明から衝撃の事実が告げられました。

「47日後、吸血蚊が本土中にバラ撒かれる」

雅が育成していた、人間を吸血鬼へと変貌される特殊な吸血蚊。それを今から47日後に日本中へと解き放ち、全ての人間を吸血鬼へと変え、そして彼岸島に存在する全ての人間を根絶やしにするという雅の計画です。

明のその話を疑って騒ぎ立てる森田。

ですが、その森田の首に一匹の蚊が止まり、倒れた森田は即座に吸血鬼へと変貌してしまいました。

吸血鬼は一匹も残さないという師匠の教えに従い、あっけなく森田を惨殺する明。

「雅が日本を化け物の島にする前に、奴を倒すんだ」

彼岸島に残る吸血鬼の巣はあとひとつ。雅が屋敷を構える最後の村。

死んだ仲間たちの血で染まった旗を森田に被せ、その血を旗へと移す明たち。

森田の血を加えた旗を五重の塔に掲げ、勝利を宣言しました。

「この村は取り返した!われわれ人間の勝利である!」

自分達を鼓舞するように歓声を上げる、生き残った人間たち。

そして、雅率いる吸血鬼たちと人間との、存亡を賭けた最後の戦いが始まるのでした。

〜彼岸島の最終回ネタバレここまで〜

以上が彼岸島の最終回(最終話)ネタバレです!

どこからどう見ても続編がある終わり方になりましたね。

ひとまず決着はついたけど、本当の戦いはこれからという感じ。

【漫画】彼岸島の最終回を無料で読むなら

単行本が全33巻となっている彼岸島。

先ほどは最終回(最終話)のネタバレを見てきましたが、文字だけだとシーンがイメージしにくいですよね(^^;)

ちょっとグロテスクなシーンも多いですが、臨場感があるので読んでいるうちにどんどん引き込まれていきます。

彼岸島を読む時に活用して欲しいサービスが「U-NEXT」です。

U-NEXTは無料会員登録するだけで600円分のポイントがもらえ、さらに31日間のお試し期間があります。

お試し期間中に解約すれば、費用は一切かかりません。

実質無料で彼岸島を読むことができるので、この機会にぜひ活用してみてください(^^)

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTで彼岸島を読む

【漫画】彼岸島の最終回を読んだ感想

見事なまでの「次回へ続く!」な終わり方ですね。

やはり吸血鬼の首領である雅は最強でした。

雅を倒せるという話で必死に手に入れたワクチンを打っても大きな効果は得られず、その後に頭を潰しても雅を殺す事はできませんでした。

それどころか雅の飼っている最強の邪鬼、炎を吐き出す能力を持つ「チワワ様」まで登場し、今後の苦戦は明らかです。

吸血蚊の生産工場も、今回制圧する事ができた五重の塔、別名・要塞寺の地下以外にもまだ数カ所残されており、それを発見するのも一苦労でしょう。

攻略法のない雅を明と仲間たちはどうやって倒すのか、しかし復讐に燃える明には諦めるなどという意思は全く見えません。

傷を癒した明の今後の戦いぶりが楽しみです。

【漫画】彼岸島の最終回を読んだ人たちの感想

【漫画】彼岸島の関連作品をご紹介

彼岸島の関連作品をまとめた表がこちら。

最後の47日間
(全16巻)
2010年8月〜2014年7月
48日後…
(既巻18巻)
2014年8月〜
実写映画
(2010年版)
2010年1月9日公開
彼岸島 デラックス
(2016年版)
2016年10月15日公開

彼岸島はこの本編の続きである「彼岸島最後の47日間」。そしてその後を描く「彼岸島48日後…」が刊行されています。

更には、明の兄である篤が行方不明になった経緯や、彼岸島でいったい何をしていたのかを描く「彼岸島兄貴篇」も存在し、篤の視点で描かれる重要なストーリーが収録されています。

雅と篤の因縁を知る事で、彼岸島の世界をもっと深く知る事ができるでしょう。

また単行本だけでなく、実写版もあります。

テレビシリーズ(全24話)や短編エピソード集「Love is over」、実写映画「彼岸島デラックス」など。

これらはすべてU-NEXTで配信されているので、漫画版と合わせてチェックしてみてください♪

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTで彼岸島の動画を見る

まとめ

彼岸島の最終回ネタバレや感想、無料で読む方法などを紹介してきました。

単行本は全33巻となっていますが、続編である最後の47日後は全16巻、48日後…は現時点で19巻までリリースされています。
まだまだ続きそうな流れ。

どのシリーズもU-NEXTで配信されているので、気になる方はぜひチェックしてみてください!