【漫画】ハチワンダイバー最終回35巻のネタバレと無料で読む方法

週刊ヤングジャンプにて連載されていた、柴田ヨクサルさん作の漫画「ハチワンダイバー

単行本は全35巻・話数は全375話と、かなりボリュームのある作品になっています。

ここでは、ハチワンダイバーのあらすじや最終回(最終話)のネタバレ、無料で読む方法などをご紹介していきます!

ちなみに…

ハチワンダイバーの最終回35巻は、U−NEXTというサービスを使えば無料で読むことができます。

無料会員登録すると600円分のポイントがもらえるので、このポイントを活用すればOKです(^^)

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTでハチワンダイバーを無料で読む

 

【漫画】ハチワンダイバー最終回35巻のあらすじ

最終回(最終話)のネタバレを見ていく前に、まずはハチワンダイバーのあらすじをおさらい!

ハチワンダイバーのあらすじがこちらです。

〜ハチワンダイバーの最終回あらすじここから〜

かつては将棋のプロを目指した菅田は、今は賭け将棋で日銭を稼ぐ「真剣師」として日々を送っていました。

しかしある日、秋葉原に異常なほど強い真剣師がいると聞き、勝負を挑みます。

通称「アキバの受け師」といわれる最強の真剣師・中静そよはメイド服を身につけた愛らしい女性でした。

ですが菅田はそよの棋力になすすべもなく敗北。

菅田はそよを倒したいという一念から再び将棋に向き合うことになります。

その一方で部屋を片付けようとメイド派遣サービスを呼ぶと、そこに現れたのは中静そよでした。

メイドでありながら「アキバの受け師」であるそよに、菅田はひかれてしまいます。

こうして菅田は再び将棋の力を身につけるために、そして、そよに勝利するためにさまざまな仲間と出会い、再び将棋を指し始めるのです。

〜ハチワンダイバーの最終回あらすじここまで〜

以上が、ハチワンダイバーのあらすじです。

続いて本題でもある、ハチワンダイバー最終回(最終話)のネタバレを見ていきましょう!

 

【漫画】ハチワンダイバー最終回35巻のネタバレ

「ハチワンダイバー」最終話は、コミックス35巻に収録されています。

最終話は375話です。

果たしてどのような結末を迎えるのか?

さっそく最終回(最終話)のネタバレを見ていきましょう!

〜ハチワンダイバーの最終回ネタバレここから〜

鬼勝会トーナメントで自分の師匠である鈴木を破った菅田。

その前に立ちふさがったのは、中静そよでした。

しかしそよは菅田への自分の思いに気づき、攻めの手を緩めたところで、菅田が勝利。

菅田は谷生との闘いを前にそよに「自分と谷生との闘いを見守っていてほしい」と願い、そよは了解します。

最終決戦前、ついに菅田と谷生の闘いが始まります。

将棋の力で世界の影を支配する鬼勝会は、この対戦で菅田が敗北すれば日本に核ミサイルを撃ち込むと伝え、全世界中継で菅田と谷生の勝負を国民に見せます。

一方で鬼将会を全滅させるべく、ビル破壊工作を進める斬野・澄野は、谷生直属の部下たちである「鬼」と肉弾戦にもつれ、寿命が尽きた澄野が死亡。

斬野は澄野の遺体を埋葬し、鬼将会ビルにザンガードスーツ姿で再潜入。

今度は大量の爆弾を抱えて確実に爆破できるようにビル破壊を開始。

途中、凛も加わりついに鬼将会ビルは爆破されます。

爆破される中、菅田と谷生の将棋もまた白熱していました。

数々の経験を身につけた菅田が勝利。

谷生は世界が注目する将棋が指せたと満足しながらも、ビル崩壊に巻き込まれてしまいます。

直前に谷生が菅田に言った言葉は、「世界を見てこい」という遺言。

そして谷生は最後に中静そよに「愛してる」と告白し、死亡します。

こうして鬼将会の電波ジャックは解除され、核兵器の脅威も取り払われたのです。

数年後、中静そよは父親の魂を継ぎ、無事にプロ将棋の世界にデビュー、一気に名人の座にまで登り詰めます。

ところが一転、名人の名を得た時点でそよは将棋界から引退を決意、再度「真剣」の世界に戻ります。

そこに現れたのは、菅田でした。

菅田は鬼将会が電波ジャックを行った際、将棋の魅力が全世界に伝わった結果を見るため、世界を放浪していたのです。

菅田の行く先々には、あらゆる人種の壁を越えて将棋を楽しむ人々の姿がありました。

菅田は世界の様子をそよに伝え、そして「結婚してください」とプロポーズ。

そよは「はい」と返し、そのときの勝負も菅田に勝利するのでした。

〜ハチワンダイバーの最終回ネタバレここまで〜

以上が、ハチワンダイバー最終回(最終話)のネタバレです!

 

【漫画】ハチワンダイバー最終回を無料で読む方法

ハチワンダイバーは単行本が全35巻・話数が全375話となっています。

先ほどは最終回(最終話)のネタバレを見てきましたが、文字だけだとどうしても面白さが半減しますね。

やっぱり、イラスト付きの漫画で読む方が断然面白いです。

そこで活用したいサービスがU−NEXT。

U−NEXTは無料会員登録するだけで600円分のポイントがもらえます。

そしてこのポイントを利用すれば、ハチワンダイバーの最終回35巻を無料で読むことができますよ♪

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTでハチワンダイバーを無料で読む

 

 

【漫画】ハチワンダイバー最終回35巻を読んだ感想

非常に熱い漫画で、コマの大きさやキャラの台詞にも真剣さがありました。

将棋を知らなくても知っていても楽しめる内容に仕上がっているのは、さすが柴田ヨクサル先生だと思います。

将棋漫画というよりは、格闘漫画に近いようなアクションシーンが多く、ラストに従ってほぼアクション漫画になっていますが、肝心の谷生と菅田に関してはきちんと将棋を読ませてくれます。

「ハチワンダイバー」というのは、将棋のマスの81マスから取っているのですが、それぞれの将棋の指し方に個性があり文字山などのサブキャラにも応援したくなるような個性が吹き込まれています。

なんといっても最強の棋士である中静そよちゃんが、とても可愛くつらい戦いを経て菅田くんと結ばれてハッピーエンドになることを、心から祝福したくなる読後感がとても良い漫画です。

 

【漫画】ハチワンダイバー最終回35巻を読んだ人たちの感想

【漫画】ハチワンダイバーの関連作品

「ハチワンダイバー」本編は2006年から2014年まで続き、途中2008年には実写ドラマ化されています。

テレビドラマ版「ハチワンダイバー」は、オリジナル真剣師が現れたり原作主要キャラが登場しないかたちになっているので、完全版を読むならヤングジャンプ・コミックス版35巻が最適です。

ドラマ化となった2008年には「このマンガがすごい」の男性版1位となっており、2009年にはWiiとニンテンドーDS、プレイステーション2それぞれで「ハチワンダイバー」がゲーム化されました。

ちなみに、ドラマ版ハチワンダイバーはFODにて視聴できます。

お試し期間中は無料で視聴でき、最大1,300円分のポイントが貯まるので、ぜひお試しください(^^)

↓1ヶ月間無料お試し期間あり↓ FODでハチワンダイバーの動画を見る

 

【漫画】ハチワンダイバー最終回あらすじとネタバレまとめ

単行本全35巻・話数375話となっている「ハチワンダイバー」

U−NEXTを活用すれば最終回35巻を無料で読めるので、内容が気になる方はぜひお試しください。

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTでハチワンダイバーを無料で読む