【漫画】ハチミツとクローバーの最終回ネタバレと感想や無料で読む方法

ハチミツとクローバー(ハチクロ)が羽海野チカさん作の漫画で、アニメや実写映画、さらにはテレビドラマ化もされています。

単行本は全10巻、話数は全64話。

講談社漫画賞やこのマンガがすごい!オンナ編1位といった賞も受賞しています。

ここからは、ハチクロのあらすじや最終回のネタバレ、無料で読む方法などを紹介していきます!

ちなみに、無料で読む時は「U-NEXT」というサービスを活用します。

無料会員登録で600円分のポイント&31日間お試し期間があるので、お金を払うことなくハチクロを読むことができますよ♪

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTでハチミツとクローバーを読む

 

【漫画】ハチミツとクローバーの最終回あらすじ

ハチクロの最終回(最終話)ネタバレを見ていく前に、まずはあらすじをチェック!

ハチクロのあらすじが下記の通りです。

ハチクロは美大生の恋愛を軸に、恋愛以外ではなく未来への不安や将来への葛藤などを描いた作品です。

メインはヒロインの花本はぐみ

天才的な芸術の才能があり、平凡で普通だと思っている少年、竹本ははぐみを見て一目ぼれをします。

しかし同じようにはぐみに恋をするのが同じく天才的な森田

この三人の関係がありながら、友人の真山、真山に恋する山田あゆみ、など「登場人物全員片思い」というキーワードの青春漫画なのです。

以上がハチクロのあらすじです。

続いて本題でもある、最終回のネタバレを詳しく見ていきます!

【漫画】ハチミツとクローバーの最終回ネタバレ

ここからは、ハチクロの最終回(最終話)ネタバレを見ていきます。

ハチクロの単行本は全10巻。10巻が最終巻となっており、その中に最終話である第64話が収録されています。

では早速、最終回のネタバレを見ていきましょう!

〜ハチクロの最終回ネタバレここから〜

最終回までにそれぞれの恋愛が複雑に絡み合い物語はすすんでいきましたが、なんとはぐみが事故にあいケガをする事で自体は急変します。

さて、一体はぐみに恋をする人たちはどうはぐみに接するのか、そしてはぐみはどういった選択をするのか、というのが最終回の見どころとなっています。

森田は同じ天才としてはぐみの気持ちも痛いほどわかります。

そしてお互いに惹かれあっていることにふたりとも気付いています。

森田は病院からはぐみを連れ出だし「絵をかけなくたっていい」「一緒にいよう」と言います。

はぐみも疲れた心の中、森田を選ぶのか、と誰もが思うシーンでした。

しかし意外ですが、はぐみは手が傷んだことから「私はやらなくちゃいけない」と病院へと戻ります。

そして親代わりとして一緒に生活してきた花本修治に「しゅうちゃんの人生をください」と告げます。

自分が絵をまた書くためには誰かのサポートが必要で、それをしてほしいといえる相手は花本修治しかいなかったのです。

ここにきて急展開で誰もが驚いたことでしょう。

花本修治は、大学の講師でありみんなの恋心を見守っていた役割です。

それが急にはぐの恋愛相手となるのです。

もちろんそれは読者だけではなく登場人物たちも驚きです。

しかし花本修二は「はぐが好きだ」とみんなの前で大声でいい、教師をやめるという選択をします。

そしてはぐみのリハビリのサポートを全面的におこなう事を決めたのです。

森田は花本修治に悔しさを隠すことなく、しかも大量のお金を渡します。

リハビリにはお金がかるからです。

その一部のみを受け取る修治。

ずっとみんなを見守ってきた修治だからこそ、その森田の抱える気持ちも全てを受け入れる事ができたのでしょう。

そして選ばれることはずっとなかったのが最初にはぐに恋をした竹本。

彼は自分探しの旅にでた時に知り合った宮大工の道へ進むことを決めます。

旅立ちの日、竹本は歩いているはぐみを見つけます。

しかし声はかけません。

竹本には複雑な思いがあり、応援する気持ちでいました。

しかし、電車に乗ろうとする竹本のもとにはぐみが走ってやってきます。

驚く竹本に、はぐみはサンドイッチを渡します。

電車が発車してからサンドイッチをあけると、なんと中身は「ハチミツと四葉のクローバー」でした。

たくさんのたくさんの四葉のクローバーを、はぐみは竹本のために探して、こうして渡してくれたのです。

その思いに、竹本は思わず涙をながします。そして「はぐちゃん、僕は君を好きになってよかった」そうつぶやくのでした。

〜ハチクロの最終回ネタバレここまで〜

以上がハチクロの最終回(最終話)ネタバレです!

まさに青春漫画という感じの終わり方になりましたね(^^)

【漫画】ハチミツとクローバーの最終回を無料で読む方法

ハチクロの最終回ネタバレを見てきましたが、文字だけだとやっぱり面白みに欠けますよね…。

ハチクロはイラスト付きの漫画で読んでこそ、面白さが分かる作品。

そこで活用したいサービスがU-NEXTです。

U-NEXTを使えば、ハチクロの最終回(第64話)が収録されている10巻だけでなく、他の巻も手軽に読むことができます。

というのも、無料会員登録するだけで600円分のポイント&31日間の無料お試し期間があるからです。

お試し期間中に解約すれば、費用は一切かかりません。

ぜひこの機会にU-NEXTに登録して、ハチクロを読んでみてください♪

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTでハチミツとクローバーを読む

【漫画】ハチミツとクローバーの最終回を読んだ感想

誰もが驚く結末だったのではないでしょうか。森田が選ばれるのか、竹本が選ばれるのか、という視点でみていた読者も多いはずです。

またどちらも選ばれないという選択も想像していた人も多いでしょう。

それほど、物語の中で花本修二とつぐみの間には親子愛のようなものはあれど、恋愛としての感情は描かれていなかったのです。

しかし事件が起きて、そしてそれぞれの性格や立ち位置を考えるとやはりこの選択がベストなのでは、と思います。

最後のハチミツとクローバーのサンドイッチのシーンにも、ここで不思議だと思っていたタイトルがつながるのか、と衝撃でした。

そして報われない男としての役割が多かった竹本の想いが報われたシーンには、同じように涙する人もいるでしょう。

【漫画】ハチミツとクローバーの最終回を読んだ人たちの感想

【漫画】ハチミツとクローバーの関連作品をご紹介

ハチクロの関連作品をまとめた表がこちら。

テレビアニメ
(1期全24話、2期全12話)
第1期:2005年4月〜9月
第2期:2006年6月〜9月
テレビドラマ
(全11話)
2008年1月〜3月
実写映画 2006年7月22日公開

ハチミツとクローバーは、2005年4月から9月までテレビアニメとして放送されていました。

人気があり、2006年6月から『ハチミツとクローバーII』も放送されたのです。

そして実は映画化、ドラマ化もされています。2006年7月に映画化、2008年にドラマ化されています。

実写化の際には、キャストがイメージ通りかどうかでとても話題になりましたが、賛否両論ありましたが最後には映画もドラマもしっくりきた、という人が多かったようです。

大人気の作品でしたので同じ筆者の別作品「3月のライオン」の単行本、14巻に実は登場人物たちが出ている回があります。

懐かしい友達に会えたような感覚、とネットでも話題になりました。

テレビドラマや実写映画の動画配信は行われていませんが、TSUTAYAの宅配レンタルサービス「TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)」を活用すれば手軽にDVDをレンタルできます。

↓30日間無料お試し期間あり↓ TSUTAYA DISCASでハチクロを無料レンタル

また、アニメ版については「ビデオパス」というサービスで配信が行われています。

気になる方はチェックしてみてください♪

↓30日間無料お試し期間あり↓ ビデオパスでハチクロのアニメ動画を見る

まとめ

ハチミツとクローバー(ハチクロ)のあらすじや最終回のネタバレ、無料で読む方法などを紹介してきました。

単行本は全10巻・全64話なので、時間さえあれば一気に読んでしまえるボリュームです。

U-NEXTを活用して、ぜひ一度読んでみてください(^^)