【漫画】奴隷区の最終回あらすじとネタバレや無料で読む方法

原作はケータイ小説の「奴隷区 僕と23人の奴隷

2012年に漫画化され、単行本が全10巻まで発売。

さらに続編として「大奴隷区 君と1億3千万の奴隷」も展開されています。

ここでは奴隷区のあらすじや最終回(最終話)のネタバレ、ほぼ無料(48円)で読む方法などをご紹介していきます!

ちなみに…

完全無料にはならないものの、U-NEXTに無料会員登録した時にもらえる600ポイントを使えば、48円で奴隷区を読むことが出来ます。
また、映画版も無料で視聴できるので、ぜひお試しください♪

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTで奴隷区を48円で読む

 

【漫画】奴隷区の最終回あらすじ

最終回(最終話)のネタバレを見ていく前に、まずは奴隷区のあらすじをチェック!

奴隷区のあらすじが次の通りです。

〜奴隷区の最終回あらすじ〜

他人を奴隷にできる機械「SCM」を手に入れた人々が、それぞれの欲望を満たすため戦いを始めました。

猜疑心の強い港タキオが最大人数の奴隷を手に入れたとき、全てを終わらせようとしている荒川エイアが対決を決意します。

エイアは立川シンノスケ板橋ゲッコウの力を借りて、タキオのところに乗り込みました。

エイアはタキオから奴隷を奪い取ることができるのでしょうか?

〜奴隷区の最終回あらすじ〜

以上が奴隷区のあらすじです!

続いて本題でもある、最終回(最終話)のネタバレを見ていきましょう!

【漫画】奴隷区の最終回ネタバレ

単行本が全10巻となっている奴隷区。

最終回である10巻では、エイア&シンノスケVSタキオと奴隷たちの勝負が繰り広げられます。

果たしてエイアたちはタキオに勝利できるのか…?

さっそく最終回(最終話)のネタバレを見ていきましょう!

〜奴隷区の最終回ネタバレここから〜

タキオはエイアに、自分の奴隷全員を倒したらエイアたちの勝ちにする、ただし一人でも負けたらエイアたちの負け、という勝負を提案します。

圧倒的不利にも関わらず、エイアはその勝負を受けました。

身体能力を必要とする勝負はシンノスケが引き受け、頭脳戦はエイアが担当します。

二人は順調に勝ち続けました。

しかし13戦目、エイアと江戸川リュウオウのクイズ勝負でエイアが負けてしまいます。

SCMを持ったタキオ以外の22名全員、タキオの奴隷となりました。

廃校となった学校の校舎でエイアとシンノスケは縛り上げられました。

シンノスケは肉体派の奴隷たちに殴られ続け、別室のエイアのもとにはタキオと品川ゼロがやってきました。

タキオはゼロに、どっちが先にエイアをイかせることができるか競争するかと聞きます。

すると先ほどまでオロオロしていたゼロは急に強気になり、勝負しようと言ってSCMを装着しました。

そしてゼロは自分のことを今は江東キヨだと言い、この勝負は私の勝ちだと言ってエイアの拘束を解きます。

どういうことかと聞くタキオにエイアは、キヨはエイアを「イかせる」ではなく「生かせる」という意味で勝負を受けたのだと言います。

さらにエイアに恋愛童貞と言われると、タキオは口では否定するものの体が負けを認めてしまいキヨの奴隷となりました。

キヨはゼロに戻り、ゼロによって23人の奴隷解放宣言がなされました。

解散間際、練馬ムオンはエイアにお礼がしたいと声を掛けました。

エイアはリュウオウの母のことを言おうとすると、察したムオンがリュウオウにも葛飾 ジュリアにももう手を出さないと約束しました。

文京ゼンイチはムオンの下で働き、今度こそムオンの後継者になるとシンノスケに宣言しました。

リュウオウは元奴隷たちに何かあったらいつでも来いと言われ笑顔になります。

車に乗ったムオンは縛り上げられたタキオに、たっぷり礼をしようと言いました。

ムオンはそこで世田谷ツバキが逃亡したことを知らされます。

ゼロはシンノスケに、シンノスケが実の兄かもしれないと打ち明けますが、シンノスケは何の繋がりもないと返しました。

後日、エイアとゼロ、シンノスケ、大田ユウガがSCMを開発したゼロの父の墓参りに行きます。

解放された奴隷たちはタキオとツバキ以外、それぞれの道へと進みだしました。

エイアは生きることに少し前向きになり、笑顔で人前に出て歌い、ありがとうと言いました。

〜奴隷区の最終回ネタバレここまで〜

以上が奴隷区の最終回(最終話)ネタバレです!

見事勝利したエイアとシンノスケ。

みんなのこの先も気になりますが、ひとまずハッピーエンドで幕を閉じましたね。

【漫画】奴隷区の最終回をほぼ無料で読むなら

単行本が全10巻と、コンパクトにまとまっている奴隷区。

先ほどは10巻に収録されている最終回のネタバレを見てきましたが、文字だけだとどうしても面白みに欠けますよね…。

せっかくならイラスト付きの漫画で読みたいところ。

そこで活用したいサービスがU-NEXTです。

U-NEXTは無料会員登録するだけで600円分のポイントがもらえます。

奴隷区は648円で配信されているので、完全無料にはなりませんが…

ポイントを活用すれば48円で読むことができます。

31日間のお試し期間もあるので、ぜひお試しください(^^)

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTで奴隷区を48円で読む

【漫画】奴隷区の最終回を読んだ感想

タキオが一時でも奴隷たちのトップに立つとは思いませんでした。

ただ力のないものがトップに立つとこうなるというか、すぐに倒されてしまい「やっぱりね」と思いました。

本作に出てくる勝負は真っ当なゲームから、体重を減らし合いだったり、お金の集め合いだったり、バラエティーに富んだ勝負が多くて楽しめました。

暴力的なシーンも多く、ゲスい人間も多数登場して、読むのが辛いときもありました。

しかしそんなときにエイアのまっすぐな瞳を見ると、本当にほっとしました。

ユウガが保険にしたくなる気持ちもわかります。

エイアは初め、すごく投げやりな雰囲気だったのに、物語が進む中でどんどん覚醒していき、ライストシーンでは感謝と満面の笑みまで見せるようになりました。

その笑顔があまりにもステキなので、SCMという機械はこの世にあってはならないけれど、結果的にエイアには良い事だったかもしれないと思いました。

【漫画】奴隷区の最終回を読んだ人たちの感想

【漫画】奴隷区の関連作品をご紹介

原作は岡田伸一によるケータイ小説です。
2012年からエブリスタにて連載され、刊行された単行本は次の通りです。

  • 「僕と23人の奴隷」
  • 「僕と23人の奴隷 覚悟の重さ編」
  • 「僕と23人の奴隷 東京大かくれんぼ編」
  • 「奴隷区2nd. 新宿奇行会」
  • 「奴隷区 僕と23人の奴隷 I」
  • 「奴隷区 僕と23人の奴隷 II」
  • 「奴隷区 僕と23人の奴隷 III」
  • 「奴隷区 僕と23人の奴隷 ex.」。

2014年には実写映画化された他、2018年本作を原作としたテレビアニメも制作されました。

タイトルは「奴隷区 The Animation」です。

漫画作品の新シリーズとして「大奴隷区 君と1億3千万の奴隷」の連載も2017年から開始されています。

ちなみに…

現時点ではまだ、アニメ版の配信が広くは行われていません。

唯一、Netflixでのみ配信されています。

また、実写映画についてはU-NEXTでも配信されています。

こちらは見放題の対象作品なので、31日間のお試し期間中でも無料で視聴できますよ♪

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTで奴隷区の動画を見る

【漫画】奴隷区の最終回あらすじとネタバレまとめ

単行本全10巻のほか、アニメや実写映画化もされている「奴隷区」

ケータイ小説・漫画・アニメ・実写映画、それぞれで違った楽しみ方ができますよ♪

とはいえ、なんだかんだ漫画版が一番おもしろいはず。

U-NEXTでは全10巻配信されているので、ぜひ読んでみてください(^^)

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTで奴隷区を48円で読む