【漫画】荒ぶる季節の乙女どもよ。最終回(8巻)までのあらすじとネタバレ

漫画「荒ぶる季節の乙女どもよ。」のネタバレまとめ!

別冊少年マガジンに掲載されている漫画で、2019年7月からはテレビアニメもスタートします。

漫画とアニメのダブルで楽しめるので、読者にとっては非常にありがたいですね(^^)

ここからは、荒ぶる季節の乙女どもよ。のあらすじや最終回(8巻)までのネタバレ、漫画やアニメを無料で見る方法などをご紹介していきます!

ちなみに、荒乙の漫画やアニメはU-NEXTで見ることができます。

今すぐ荒乙を無料で読みたい!見たい!という方は、下の緑ボタンをタッチして詳細をチェックしてください♪

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTで荒ぶる季節の乙女どもよ。を見る

 

【漫画】荒ぶる季節の乙女どもよ。あらすじをチェック

1巻〜最新刊までのネタバレを見ていく前に、まずはあらすじをチェックしていきましょう♪

以下、荒ぶる季節の乙女どもよ。のあらすじです。

モモやハリー・ポッターなどを愛読する小野寺和紗は、高校で文芸部に入部する。

題材として扱われるのは、日本の純文学ばかりで戸惑いながらも、男女交際潔癖症の部長・曾根崎り香、謎オーラを持つ小説

家志望の本郷ひと葉、奥手の和紗の友人・須藤百々子、舞台子役をしていた美少女・菅原新菜といった風変わりで個性的な部員たちに囲まれながら、楽しい高校生活を謳歌する。

ある日、文芸部の題材図書に性的な描写があったことをきっかけに、和紗や部員たちは性について意識し始める。

以上が荒乙のあらすじになっています。

もともとは純粋に文芸(文学)を楽しんでいたけど、ふとしたキッカケで”性”を意識し始め、振り回されるというストーリー。

まさに思春期という感じですね!

【漫画】荒ぶる季節の乙女どもよ。の主な登場人物

次に、荒乙の登場人物を見ていきましょう。

ネタバレをチェックする前に登場人物を把握しておいた方が、物語もスッと入ってきますしね(^^)

以下、荒乙の主な登場です!

小野寺和紗
(おのでらかずさ)
ヒロインであり主人公。あまりにも普通すぎて「地味子」と呼ばれている
菅原新菜
(すがわらにいな)
美人なのに文芸部にいることから「掃き溜めに鶴」と言われている
※掃き溜めに鶴の意味→つまらないものの中に飛びぬけてすぐれた者や美しい者がまじっていることのたとえ。
曾根崎り香
(そねざきりか)
性格は堅物。黒髪ロング×眼鏡だが、コンタクトにすると一変し美人に。
須藤百々子
(すどうももこ)
和紗の親友。二つ縛りの髪型が特徴的。
本郷ひと葉
(ほんごうひとは)
身長141cmと非常に小柄。小説にリアリティを出すため、2ショットチャットに参加している。
典元泉
(のりもといずみ)
和紗の幼馴染。中学時代はモテたものの、それが原因で和紗は暗い学生生活を送っていた。
天城 駿
(あまぎしゅん)
曾根崎のクラスメイト。人懐っこい。
十条園絵
(じゅうじょうそのえ)
曾根崎のクラスメイト。曾根崎とは対照的で見た目が派手。
浅田恵美
(あさだ)
泉のクラスメイト。泉のことが好きで、童貞を奪おうと考えている。
山岸知明
(やまぎしともあき)
国語教師。2ショットチャットでひと葉と繋がってしまい。顧問を引き受けることに。

 

【漫画】荒ぶる季節の乙女どもよ。1巻〜最終回8巻までのネタバレ

お待たせいたしました。

ここからは、荒ぶる季節の乙女どもよ。の1巻〜最終回8巻までのネタバレをご紹介していきます。

巻ごとのネタバレになっているので「まだ読んでいないからネタバレを知りたくない!!」という方は、上手くスクロールして読み飛ばしてください。

では、各巻のネタバレを見ていきましょう(^^)

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTで荒ぶる季節の乙女どもよ。を見る

 

【漫画】荒ぶる季節の乙女どもよ。1巻のあらすじとネタバレ

〜1巻のあらすじ〜

あなたの“はじめて”を、わたしにください──。

和紗たちは文芸部に所属する女子5人。

部が「死ぬ前にしたいこと」という話題で沸いたある日、部員の一人が投じた「セックス」の一言……。

その瞬間から、彼女たちは“性”に振り回され始める。

〜あらすじここまで〜

主人公のヒロイン、和紗は高校1年生。

部活は文芸部に所属しており、日々の活動は緩く、朗読や作中内容を深掘りするといったところです。

メンバーは5人という少人数。

また、和紗には幼馴染の男の子の「泉」がいます。

家も隣で2人はもちろん、家族ぐるみでも仲が良い間柄です。

しかし、そんな2人にある事がきっかけで少し疎遠になります。

それは、中学の頃泉が成長期に入り、自然と学校の女子からも人気を得るようになったことです。

それにより、仲良しだった和紗に周りの女子は目を付けるようになり、和紗もそれをすごく気にして、泉から少し距離をとるようになりました。

同じ高校に入っても和紗はその事を引きずっていますが、泉はその対応を気にしていた。

そして、文芸部員の1人が「セックス」の話を持ち寄り、和紗は「性」についても考えるようになり、より泉との関わりが難しく…。

そして、和紗は泉がクラスの子に告白を受けているところを見てしまいました。

その後、自分の中の今までモヤモヤしていたものが現れました。

やっと自分の気持ちに気づき「泉が好きだ」と部員たちに公言したのでした。

【漫画】荒ぶる季節の乙女どもよ。2巻のあらすじとネタバレ

〜2巻のあらすじ〜

新菜の「死ぬ前にセックスがしたい」発言より“性”に翻弄され始めた文芸部。幼なじみ・泉の自慰を目撃した和紗は、彼への

好意を自覚する。変化が訪れた二人の関係性が、彼女を思い悩ませる……。…

〜あらすじここまで〜

セックスの話を題材にしていた時、その話を教頭に聞かれていました。

顧問もいない文芸部は、廃部の指示を促されました。

部員たちは必死の署名活動をスタート。

その最中、2年生部員の本郷は官能小説を書くためにチャットで男性と夜な夜な卑猥な会話をしていました。

その人と会うことになり、実際に拝見してみれば同じ学校の教師!!!

本郷はその尻尾を捕まえて、「顧問」になるよう指示しました。

それにより、文芸部は存続することができました。

その後、3年部長の曽根崎は、同じクラスの明るい男子「天城」に好意を寄せられるように…。

ですが、耐性のない曽根崎は、乱暴な返答をしたり臆していました。

一方本郷は、チャット相手だった教師「山岸」に好意が芽生えめばえ始めていました。

和紗は用があり、「泉」の家にきていました。

泉の母が、和紗に泉の部屋に用事を任せたのですが、その時にAVを発見してしまい、思わず持ち出してしまいました。

無くなったことに気付いた泉は見当がついていました。

和紗がこっそり返そうとした時に泉が現れ…。

また、2人の仲に亀裂が入ったところで2巻が終了。

【漫画】荒ぶる季節の乙女どもよ。3巻のあらすじとネタバレ

〜3巻のあらすじ〜

和紗との行為は「これっぽっちも考えたことない」と泉に告げられた和紗。

彼女は衝撃から“性”と“愛”の繋がりをぐるぐると考える……。

悩み続ける和紗の前に現れたのは、「セックス」発言の張本人・新菜と泉が並ぶ姿──。

〜あらすじここまで〜

泉は和紗に「現実的に今は誰ともセックスをすることを考えていない」と伝えましたが、和紗は「自分としたくない」と捉えて泣きながら部屋から出でいきました。

慌てて呼び止めたことにより体がぶつかり、押し倒した形になります。

その後も重たい空気で2人は別れます。

文芸部同期の須藤は、予備校友達に誘われカラオケに行きます。

その場が苦手だった須藤を気遣う杉本に少し興味を持ちます。

その後、デートに誘われますが、杉本はしてやった感の強い勘違い少年だったため、須藤は苦手意識を持ちます。

文芸部同期の菅原は、泉と同じクラスで泉から和紗のことで、放課後に相談を持ちかけます。

そこで、2人一緒に電車に乗るところを和紗が偶然見かけ、仲良くなっているところをショックを受けます。

そして三枝という、かつて菅原が入校していた演劇スクールの先生と会います。

その後、泉は菅原が小さい時三枝に想いを寄せており断られた事を知ります。

菅原に和紗と揉めている事を話し少し女心を学びます。

本郷はチャット相手だった山岸先生と接触した時に「発情」を覚え山岸への接触がどんどんエスカレートしていきます。

部長の曽根崎は、想いを寄せられている天城の告白を、受け正式に付き合うことになりました。

【漫画】荒ぶる季節の乙女どもよ。4巻のあらすじとネタバレ

〜4巻のあらすじ〜

好意を寄せる幼なじみ・泉と「セックス」発言の張本人・新菜の急接近。

和紗は膨らむ猜疑心と劣等感から、二人との距離感を見失い始めてしまう。

そして文芸部員たち5人の悩みが“合宿”で交差する──。…

〜あらすじここまで〜

文芸部は文化祭の催し物であるキャンプファイヤーにまつわる「恋の伝説」のキャッチコピーを依頼されました。

今まで恋愛やカップルが嫌いだった曽根崎が引き受けたことにより、部員たちは驚きを隠せません。

そして、それを考案するために、山岸の父が営業しているペンションで合宿をすることに。

ペンション合宿では5人の悩みが交錯します。

曽根崎は天城に想いを馳せながらも、良いキャッチコピーを作る事を意気込んでいる様子。

本郷は合宿先でも積極的に山岸に近づき、向こうからキスされそうになると緊張して返り討ちに合ってしまいました。

山岸は本郷の行動に頭を抱えるしかありませんでした…。

一方その頃お風呂にて、和紗と須藤がはいっている時に、菅原が登場。

菅原の綺麗な裸を目の当たりにして、須藤が見惚れてしまいます。

和紗はより一層自信を失くし落ち込んでしまいました。

和紗は「菅原が泉のことが好きなら身を引こう」と考えます。

それを菅原が察して激励をとばします。

その後、考案で頭の煮えた部員たちで「枕投げ大会」を行いました。

枕をぶつけ合ったことにより、和紗の中で気持ちが吹っ切れます。

合宿から帰宅後、文化祭で泉に気持ちをぶつける事を決意します。

【漫画】荒ぶる季節の乙女どもよ。5巻のあらすじとネタバレ

〜5巻のあらすじ〜

泉に想いを告げることを決意した和紗。しかし、「セックス」発言の新菜もまた、自らの中に起こる泉への想いを自覚し始め

る……。それぞれの”恋”と”性”、岐路となる文化祭が始まる。

〜あらすじここまで〜

文化祭での朗読劇のナレーションが菅原と和紗に決まり、2人は練習を重ねました。

その頃、菅原は三枝の元へ訪れていました。

そして、三枝は菅原が恋をしている事に気付きました。

昔、菅原に目をかけていた為、「恋愛をするところの目撃者になりたい」と、文化祭へ行く事を告げます。

菅原は泉の頬を触り動揺し、急いでトイレに駆け込みます。

そこで初めて自分の気持ちに気づきます。

曽根崎は文化祭の準備の忙しさから、天城に無自覚に冷たく対応してしまいます。

文化祭中、杉本が須藤の元へ訪れ、彼女は驚きます。

彼は連れに彼女と言っていたものの、須藤は強く否定。

杉本はそれに苛立ち、帰ってしまいました。

菅原は彼女なりのやり方で泉にアプローチしますが、泉の鈍感で優しい部分に触れて、更に気持ちを持っていかれます。

そして、文化祭最後のキャンプファイヤーにて、曽根崎は天城に人目を気にせず告白します。

最近冷たかったこともあり、天城は大喜び。

そこにいた和紗に対して、泉が後ろから現れます。

彼なりの言葉で気持ちを素直に語りました。

その後、「好きだ」と告白し2人はカップルになりました。

菅原は初めての恋で、初めての失恋でした。

今まで何事も執着してこなかったから自分だからこそ「執着しようと思います。」とその場にいた三枝に伝えます。

和紗と泉は手を繋ぎ微笑み合います。

【漫画】荒ぶる季節の乙女どもよ。6巻のあらすじとネタバレ

〜6巻のあらすじ〜

幼なじみ・泉に告白され、結ばれた和紗。浮かれる彼女の一方で、それぞれの“性”が動き出す。執着する者、友人への想いを

自覚した者、最後の勝負に挑む者。乙女どもの転機となる夜が幕を開ける。

〜あらすじここまで〜

想いをよせいた幼なじみの泉に告白され、泉と和紗は付き合うことになりました。

幼なじみの関係性から中々、彼氏と彼女の雰囲気になれない二人でしたが、

距離をはかりながらも近づいていきました。

り香も彼氏と気持ちが通じ合い、ラブラブに。

彼氏のできた二人の次なる課題はSE●。

一方、先生に片思いするひと葉や、泉のことが気になっていた新菜、相手のいない百々子はイマイチついていけません。

そしてひと葉と新葉は自分の気持ちを抱えることに耐え切れず、それぞれのやり方で気持ちを整理しようとします。

ひと葉は先生に一度だけ抱いてもらいたいとお願いし、新菜は自分とSE●の練習をしようと誘いました。

百々子は大切な友達と思っていた新葉に恋心を抱いていると自覚し、ふとした時にその想いを告げてしまうのでした。

【漫画】荒ぶる季節の乙女どもよ。7巻のあらすじとネタバレ

〜7巻のあらすじ〜

あなたの“はじめて”を、わたしにください──。和紗たちは文芸部に所属する女子5人。部が「死ぬ前にしたいこと」という話

題で沸いたある日、部員の一人が投じた「セックス」の一言……。その瞬間から、彼女たちは“性”に振り回され始める。「私

としたくない?」新菜の誘いに戸惑う泉。皆がそれぞれの“性”と戦う中、和紗は未だ一人振り回されている。追い打ちのように突如下された、十条の退学処分と男女交際禁止令。──やらないわけには、いかないのです。

〜7巻のあらすじここまで〜

なんだかんだで付き合うことになった泉と和沙。

ただ、泉は手をつなごうとしなかったり、会話に違和感があったりと、どこかおかしい様子。

一方の天城と曾根崎は順調な関係。

だったのですが…

曾根崎のクラスメイト・十条が退学するとのこと。

退学理由は妊娠でした。

十条の友達でもあった曾根崎は憤りを隠せませんでしたが、他の文芸部員は「ルールはルールだから」という感じで、渋々納得している様子。

そして後日。

学校では全戸集会が開かれ「男女交際の全面禁止」が宣言されました。

生徒の多くは「十条の一件があったからじゃないか?」と思っていたのですが…

実は、本当の原因はミロ(山岸)先生と本郷にありました。

ミロ先生は校長の前で自らの非を認めたものの、本郷がとある行動に出ました。

それが、ミロ先生を人質に取ること。

他の文芸部員たちと立てこもり、男女交際全面禁止を取り消す旨のメールを校長たちに送るのでした。

【漫画】荒ぶる季節の乙女どもよ。8巻のあらすじとネタバレ

〜8巻のあらすじここから〜

あなたの“はじめて”を、わたしにください──。和紗たちは文芸部に所属する女子5人。部が「死ぬ前にしたいこと」という話題で沸いたある日、部員の一人が投じた「セックス」の一言……。

その瞬間から、彼女たちは“性”に振り回され始める。

交際禁止令と曾根崎退学の撤回を求め、校舎に立てこもる和紗たち。

それぞれの“恋”と“性”が錯綜する中、見つけた答えとは。

馬鹿げていて、滑稽で、愛おしい。少女たちの一つの季節が過ぎていく──。最終話の「その後」を描いた描き下ろしエピローグも収録。

〜8巻のあらすじここまで〜

文芸部員たちが立てこもりを起こしたのは金曜日。

そして、週明けの月曜日も開校記念日で休校日。

そこで教師たちは、今すぐ無理に説得せず、ひとまず解散することに。

これは文芸部員たちにとって思わぬ誤算。

予想していなかった展開に、頭を悩ませる面々。

ひとまず学校で寝泊まりすることに。

そんな中、泉から連絡が。

そして校内に入ってくるのですが、百々子や菅原らとひと悶着。

さらに、そこへ和紗もやってきて、泉が口を開きます。

「好きなのは和紗。だけど性的欲求を感じるのは菅原」

と。

この一言でさらに騒動が大きくなるものの、和紗が「戦いませんか!」と提案。

荒々しい場面を収めるべく、色鬼が行われることに。

【漫画】荒ぶる季節の乙女どもよ。を無料で読むなら

「荒ぶる季節の乙女どもよ。」のネタバレを紹介してきましたが、文章だけだとどうしてもシーンがイメージしにくいですよね(^^;)

せっかくなら実際に漫画で読む方が何倍も楽しめます。

そこで活用して欲しいサービスがU-NEXT(ユーネクスト)です。

U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、さらに無料登録するだけで600円分のポイントをゲット!

このポイントを活用すれば、荒ぶる季節の乙女どもよ。を無料で読むことができます。

もちろん、31日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

漫画を読んでみたい!と思ったら、ぜひ下のボタンをタッチしてU-NEXTの詳細をチェックしてください♪

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTで荒ぶる季節の乙女どもよ。を見る

 

【漫画】荒ぶる季節の乙女どもよ。を読んだ人たちの感想

まとめ

漫画「荒ぶる季節の乙女どもよ。」のあらすじやネタバレ、無料で見る・読む方法などをご紹介してきました。

漫画だけでなくアニメも合わせて見ると、より一層楽しめること間違いなしです♪

漫画とアニメでどのような違いが出てくるのか?その辺りもチェックしながら楽しみたいですね(^^)