【漫画】甘々と稲妻の最終回12巻ネタバレと無料で読む方法

good!アフタヌーンにて連載されていた漫画「甘々と稲妻」は、単行本全12巻・話数61話となっています。

また、漫画だけでなくアニメ化もされている人気作品。

ここでは、甘々と稲妻のあらすじと最終回(最終話)のネタバレ、無料で読む方法などをご紹介していきます!

ちなみに…

甘々と稲妻の最終回12巻は、FODというサービスを使えば無料で読むことができます。

お試し期間中に合計1300円分のポイントがもらえ、さらに甘々と稲妻のアニメも無料で視聴できるので、ぜひご活用ください。

↓1ヶ月間無料お試し期間あり↓ FODで甘々と稲妻を無料で読む

 

【漫画】甘々と稲妻の最終回12巻のあらすじ

最終回(最終話)のネタバレを見ていく前に、まずは「甘々と稲妻」のあらすじをおさらい!

甘々と稲妻のあらすじが下記の通り。

〜甘々と稲妻の最終回あらすじここから〜

小学2年生になったつむぎは、もうすぐお父さんの誕生日!今年はどんなプレゼントをあげようかとワクワクしながら悩んでいます。

一方、お父さんは体調を崩してしまい、ご飯が全然食べれない状態を目の当たりにします。

お父さんが体調不良で病院に通い検査をしにいく姿を見て、つむぎは不安で仕方がありません。

元気を出してもらおうと、一人でご飯を作ってあげようとするも失敗してしまい、

一人で火を使っちゃダメだと怒られるも、具合悪くなんかならないでよ!とつい本音が出てしまいます。

八木ちゃんのカフェに行き、久々に会った小鳥やしのぶに促され、つむぎもお父さんに言いたかったことがようやく言えるように…

どんどん成長するつむぎを見て、僕には何が残せるだろうかと父犬塚はあることを思いつきます。

〜甘々と稲妻の最終回あらすじここまで〜

以上が、甘々と稲妻のあらすじです。

続いて、甘々と稲妻の最終回(最終話)のネタバレを見ていきます!

 

【漫画】甘々と稲妻の最終回12巻のネタバレ

甘々と稲妻の単行本は全12巻となっています。

果たして最終巻の12巻では、どのような結末が描かれているのか?

さっそく最終回(最終話)のネタバレを見ていきましょう!

〜甘々と稲妻の最終回ネタバレここから〜

本編最終話はお父さんの誕生日パーティーと、胃腸炎治ったパーティーをすることに。

病院の検査も問題なしと出るも、つむぎに心配させないよう元気で頑張るを目標にする父犬塚。

ご飯づくりの今回のテーマはご飯のお伴ビュッフェ!

お父さん向きのさっぱりしたもの、ご飯が止まらないおかずもたくさん作ることに。

小鳥、しのぶ、八木ちゃん、小鳥ママもそろって皆でご飯づくりスタートです。

ようやく出来たご飯を前にお腹を鳴らす一同…お腹が鳴るくらい元気になってくれたお父さんをみて、つむぎも思わずにっこりです。

優しい味、辛いもの、苦手だったピーマンもとにかく箸がとまらない美味しさ…!

「ご飯が甘くて美味しくてぜんぶおっけーになる!さすがご飯のおともだち!」とパクパク食べるつむぎ。

ご飯を食べ終え、つむぎにママレシピを渡す父犬塚。

ママのレシピに続きを書いたから、後はつむぎが好きな時にこの続きを書いてね、と。

ママとお父さんとつむぎと小鳥ちゃんとヤギちゃんとしのぶちゃんと小鳥ママといっぱい、みんなの合体レシピだね!と喜ぶつむぎ。

今までのみんなの手伝いがあったからこその合体レシピです。

時は経ち、久しぶりの父犬塚は奥さんが出てくる夢を見ます。

「公平さんのごはんおいしいから」と奥さんに言われるも、最初は全然そんなんじゃなかったとふと思い出す。

奥さんが無くなった時は逆だったら良かったと、つむぎに自分1人で心から幸せだって教えてあげられるか分からないと涙を流す父犬塚の姿がありました。

中学生になったつむぎと並んでご飯を作る日が来るなんて幸せだなと感慨深くなる父犬塚。

今日は金沢のお店に修行に行って戻ってくる小鳥が帰ってくる日です。

つむぎに美味しいご飯を食べさせてあげたい!とお店の優しい光を目印にかけよった日を思い出す。

「先生、つむぎちゃん、私とご飯をつくりませんか?」と言う小鳥と「うん」という2人のシーンで話は終わります。

まだまだこれからもこの3人の関係は続いていくんだなという話で幕は閉じます。

〜甘々と稲妻の最終回ネタバレここまで〜

以上が、甘々と稲妻の最終回(最終話)ネタバレです!

 

【漫画】甘々と稲妻の最終回12巻を無料で読む方法

甘々と稲妻の単行本は全12巻・話数全61話となっています。

先ほどは最終回(最終話)のネタバレを見てきましたが、文字だけだと味気ない印象になってしまいますね。

やっぱり、イラスト付きの漫画で読んでこそ、甘々と稲妻は面白い作品です。

そこで活用したいサービスがFOD。

FODは1ヶ月間の無料お試し期間中に、合計1300円分のポイントがもらえます。

さらにアニメ「甘々と稲妻」も無料で視聴できるので、ぜひお試しください!

↓1ヶ月間無料お試し期間あり↓ FODで甘々と稲妻を無料で読む

 

【漫画】甘々と稲妻の最終回12巻を読んだ感想

最初から最後まで本当に犬塚親子のやり取りにほっこりさせられる話です。

私自身がシングルマザーのため、この漫画にはとても感情移入してしまい、父犬塚のつむぎに対しての思いが本当に切ないくらい同感でした。

犬塚親子にとって、小鳥のお店は希望の灯りであって、ここからたくさんの人に手伝ってもらって今までのお家ごはんがあったんだなと1巻からまた読み返しました。

ご飯づくりが全く出来なかった父犬塚も今ではママのレシピに続きが書けちゃうくらい、たくさんのレシピが作れるようになったんだと父としての成長を感じます。

つむぎもどんどん大きくなり、最終回では中学生に…大きくなりましたよね。

最終回では今後も小鳥たちとのご飯づくりはまだまだ繋がっていく様子が見られて、本当の家族様な感じです。

子育て世代には是非読んでもらいたい漫画の1つです。

 

【漫画】甘々と稲妻の最終回12巻を読んだ人たちの感想

【漫画】甘々と稲妻の関連作品

最終巻には本編最終話の中学・高校生編の話や、つむぎが誕生した話、つむぎの反抗期の話、小鳥としのぶが成人してお酒を交えての大人ご飯会などいくつか収録されています。

中でも最終話として高校生になったつむぎは将来を考えて、父犬塚と離れて、北海道の大学に進むことを決意します。

今まで一緒だった父と離れるのに最初は迷っていましたが、父は二人で頑張ってきたけど二人きりじゃなく、助けてくれる人がたくさんいたこと、1人でもつむぎなら大丈夫だよと背中を押します。

本当に最後まで心が暖かくなるお話でした。

 

【漫画】甘々と稲妻の最終回あらすじとネタバレまとめ

good!アフタヌーンにて連載されていた漫画「甘々と稲妻」は、単行本全12巻・話数61話となっています。

FODを使えば漫画とアニメを同時に楽しめるので、ぜひご活用ください!

↓1ヶ月間無料お試し期間あり↓ FODで甘々と稲妻を無料で読む